ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

吉野恭平は差別発言した内容とは?相手は誰?処分決定の内容とは

2017.06.30

京都サンガF.Cの吉野恭平選手が差別的発言をしたとして処分が決定しました。気になるのは、吉野恭平選手が差別発言した内容、どんなひどいことを発言し、相手は誰なのかということ。さらに処分決定した内容についても深く調べてみたいと思います。

Sponsored Link

吉野恭平は差別発言した内容とは?

吉野恭平選手が差別発言したとされるのは、6月21日の天皇杯2回戦、「京都サンガVSアスルクラロ沼津」でのこと。プレー中に差別発言をしたとして試合終了後に沼津側から抗議があったということです。しかも1人に対してではなく、複数の選手に対して差別発言をしていたといいます。

その内容を調べてみましたが、本人がプレー中に発言した内容なので、全容を知る人はおりませんでした。性的問題、国籍、身長、学歴、容姿、などなど考えられますが、アスルクラロ沼津には外国人選手はおりませんので、国籍に関する差別発言はなさそうですね。いずれにせよ相手を不快にさせる発言だったことはいうまでもありません。吉野恭平選手は宮城県仙台市出身の22歳。サッカー選手としてはエリートコースを歩んでいるように見えます。もしかするとサッカーの経歴に関することで相手をののしった可能性もありますね。

Sponsored Link

吉野恭平は差別発言した相手は誰?

差別発言をした相手のチームは「アスルクラロ沼津」です。このメンバーのうち複数に対して言ったそうなのですが、誰かということまでは公表されていません。吉野恭平選手のポジションはDF/MFなので、差別発言をした相手はMF/FWの可能性が高いのではないかと推測します。

アスルクラロ沼津のMFは沓掛勇太選手、鈴木将也選手、河津良一選手、前澤甲気選手、白石智之選手、菅井拓也選手、小牧成亘選手、太田一輝選手、後藤虹介選手、伊藤輝悦選手、谷口智紀選手、蔵田岬平選手、染谷一樹選手です。また、FWは中村亮太選手、青木翔大選手、鈴木淳選手、薗田卓馬選手、渡辺亮太選手、中山雅史選手です。この中の複数人が差別的発言をされた可能性が高いですね。

吉野恭平に下された処分決定の内容とは?

日本サッカー協会は吉野恭平選手に対して、「3試合の出場停止処分」と「罰金15万円」を科したと発表しています。また、吉野恭平選手が所属している京都サンガは、これとは別に減給と社会奉仕活動の参加を命じたそうです。これを受け、本人は深く反省しているとのことです。どんな経緯があったか真相は闇の中ですが、再びこのようなことが起こらないことを祈ります。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。