ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

平慶翔の上申書と退職届の筆跡が同じ!【画像】不祥事で落選決定か

2017.06.29

加計学園の違法献金問題の情報を週刊誌に売ったとして、下村博文氏に注目が集まっていました。しかし次に注目が集まっているのは、情報をリークしたとされる下村博文氏の元秘書、平慶翔氏。平慶翔の過去の横領や不祥事がバレて、すごいニュースになっています。また、上申書と退職届の画像が出回っており筆跡が同じと話題になっています。不祥事がバレて都民ファーストから出馬中の平慶翔さんは落選決定なのか、調べてみました。

Sponsored Link

平慶翔の上申書と退職届の筆跡が同じ!【画像】

東京都板橋区選出の衆議院議員、元文部科学大臣下村博文氏の公設第一秘書を務めていた平慶翔氏は、現時点で判明しているだけで2つ不祥事をやってしまいました。

①下村博文氏の選挙事務所のお金を横領(金額約30万円)

②下村博文氏の事務所にあったパソコンを勝手に持ち出し、情報を漏洩した

上記の①の横領が下村博文氏にバレてしまい、横領をやったことを証明するために、「上申書」という形で下村博文事務所に提出しています。ちなみに上申書とは、

官公庁や警察などに対して法律に基づかない場合の意見や報告などを 行ったり、特許庁に対し特許出願を分割する際や商標登録に対し意見したりする場合に 用いる文書

のことを指します。平慶翔氏が署名したとされる上申書の画像を見てみましょう。

次に平慶翔氏が提出した退職届を見てみましょう。

横領したとされる回数は計4回。合計にして約30万円になるといわれています。日付は平成28年8月となっておりますので、平慶翔氏が下村博文事務所を辞めた時期と一致しています。この上申書が出回ったことに対し、平慶翔氏は「私の筆跡ではない」と反論しているようですが、どうみても上申書と退職届は同一人物が書いたようにしか見えません。筆跡鑑定をすれば一発で分かることでしょう。

Sponsored Link

平慶翔は不祥事がバレて都民ファースト落選決定か

平慶翔氏は現在、「都民ファースト」の板橋区から出馬中です。演説には小池百合子東京都知事も応援にかけつけ、バックの強さを見せつけていたかのように思えました。しかし、今回下村博文氏による反撃で、平慶翔氏の過去の不祥事が明るみになり、平慶翔氏の支持率は下がることになるでしょう。7月2日(日)に選挙を控えた今、平慶翔氏の落選は決定的といっても過言ではありません。もし平慶翔氏に関する数々の不祥事が本当だとしたら、こんなに怪しい人間を政治家にするわけにはいきません。このタイミングで平慶翔氏の不祥事が明るみになったのは東京都民にとっては良かったと言えるのかもしれません。平慶翔氏は自分から下村博文氏に喧嘩を吹っ掛けたわけですが、このように自分に返ってくるとは思ってもみなかったのかもしれませんね。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。