ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

山の日はなぜ8月11日?いつから祝日になった?由来や意味を調査

2016.07.02

山の日はなぜ8月11日?

山の日

今年もお盆休みがいつからいつまであるのか気になるところです。

おやおや!カレンダーをよく見ると、お盆休みの前の8月11日が祝日になっている!

もっとよく見てみると「山の日」って書いてある!こんな祝日あったっけ?という筆者の素朴な疑問から、

山の日はなぜ毎年8月11日なのか、いつから祝日になったのか、由来や意味を調査してみました!

 

山の日はいつから祝日になった?

山の日2

実は「山の日」が制定されたのは昨年のこと。

よって「山の日」は2016年8月11日が初めてスタートする日なのです!

「山の日」とお盆休みは全く関係のないものです。

ちなみにお盆とは、日本の祖先を祀る夏の行事で、現在では8月15日前後の4日間が主に設定されています。

このお盆をお休みにして、実家に帰省するなどし、先祖を祀ることを大切にしているわけなんですね。

毎年8月15日前後はサラリーマンのお父さん・お母さんもお仕事がお休みの方が多いのではないでしょうか。

ちなみに、山の日は英語で「Mountain Day」。そのままですね!笑

山の日のイラストもたくさんありますね^^

 

山の日の由来や意味を調査!

Sponsored Link

ではここで、「山の日」の由来や意味を見ていきましょう!

「山の日」ができた理由は、いたってシンプル。

7月に海の日があるんだから、山の日も作ろうじゃないか!

この理由で山の日を制定する法律が進んだわけなんですね。

実は国民祝日として制定される以前から一部の府県で「山の日」を祝うイベントなどがあったんですね。

海の日は、「海に親しみ、海の恩恵に感謝しよう」という名目で制定されました。

一方山の日は、「山に親しみ、山の恩恵に感謝しよう」という名目で祝日になったわけです。

 

ではなぜ8月11日なのか。

紅葉が美しい10月とか11月でもいいんじゃないか?というのが筆者の考えですが・・・。

実は年間カレンダーを見てみると、国民の祝日がないのは6月と8月のみ。

そのため、当初は6月か8月のうちのどれかという案がありました。

8月は夏山シーズンであり、またお盆休みがあるので、祝日を増やしても企業への影響が小さいと考えられたからなんですね。

 

当初8月12日を「山の日」にしようという動きがあったそうなのですが、

実は1985年に起き、500人以上の被害者を出した”日本航空123便墜落事故”が起きたのが8月12日だったため、

8月12日はやめよう、では11日にしよう、という流れになったようです。

 

企業にとっては祝日が1日増えるのはつらいところ。

でも家庭にとってはお休みが1日増えるのはありがたいですね^^

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。