ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

蚊に刺されやすい人の血液型は?特徴や体質はあるの?対策法を紹介

2016.06.21

蚊に刺されやすい人の血液型は?

蚊

 夏になると寝ている耳元でブ~ンと聞こえてなかなか寝れない原因、蚊。

筆者はO型なので、よく周りから蚊に刺されやすい体質だと言われ続けてきました。

果たしてそれは本当なのか・・・?蚊に刺されやすい人の血液型は一体何型なんだろうか。

特徴や体質は関係あるのかな。気になったので調べてみました!

また、蚊に刺されないための対策法をご紹介したいと思います。

 

まず、蚊に刺されやすい人の血液型はやはりO型。

医学研究者によって証明されているようです。

 

他の血液型の人と比べてO型の血液が分泌する成分は蚊を引き付けやすいそうなんです。

なんてこったー!

確かに周りの人が全く刺されていないのに、自分だけ数か所も刺されているなんてことはしょっちゅうあります。

O型の人の血は蚊にとって美味しいということですね(涙)。

 

蚊に刺されやすい人の特徴や体質は?

子供の指

一般的に蚊に刺されやすい人の特徴は以下の通りです。

・妊婦さん(基礎代謝が高く、体温が高い)

・赤ちゃん(基礎代謝が高く、体温が高い)

・黒っぽい洋服を着ている(蚊は白黒の2色しか色覚がなく、濃い色を好むため黒っぽい服を着ていると寄ってくる)

・肌が色黒(同じく、白より黒っぽい肌を好んで寄ってくる)

・汗をかいている(蚊は水が大好き♪)

 

なるほどー。

白より黒が好きだということは筆者は初耳でした。

アウトドアなどで外に滞在する時間が長い日には、白っぽい服装を心掛けるとよいということですね!

太っている体質の人の方が刺されやすいのかなぁと勝手に思っていましたが、特に痩せている/太っているは関係ないようです。

また、男女の性別差というのもないようです。

 

蚊に刺されない対策法は?

Sponsored Link

最後に蚊に刺されない対策法についてお伝えしていきます。

蚊は二酸化炭素と水が大好きです。

そのため、二酸化炭素と水があれば、人間ではなくそちらに行くという理論で、

海外で多く使用されている蚊に刺されない対策方法があります。

それが、「蚊取りペットボトル」です。

 

作り方は超簡単で、大きめのペットボトル(1.5~2L)を半分ぐらいの高さではさみで切ります。

中に水200ml、砂糖50g、ドライイースト1gをいれて混ぜるだけ。

これだけで蚊の大好きな二酸化炭素が発生し、蚊が人間でなくこのペットボトルに居続けてくれるのです。

東南アジア諸国ではこの蚊取りペットボトルの効果がデング熱の減少につながっていると発表されています。

蚊が多い地域にお住いのみなさま、是非おためしあれ。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。