ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

熱中症対策に良い飲み物は?ポイントと注意点!手作りの飲料作り方

2015.05.28

熱中症対策に良い飲み物は?ポイントと注意点

今年も暑い季節に差し掛かりました。

年々春が短くなり、夏の気温が高くなってきているように感じるのは

筆者だけでしょうか。

熱中症が懸念される季節。熱中症は発症するのを未然に防ぐことが大切です。

今日は熱中症対策に良い飲み物を紹介していきます。

飲み方のポイントや注意点と、手作り飲料の作り方レシピも紹介したいと思います。

 

【ポイント1】塩分が含まれていること

気温が高い状態が長く続くと、発汗して水分や塩分が失われてしまうため、

体内の水分とマグネシウムのバランスが壊れてしまいます。

そのため、熱中症対策で良いとされる飲み物は

”塩分”が含まれていることが基本になります。

 

【ポイント2】冷やし過ぎないこと

暑いとどうしても冷たい飲み物を好んでしまいます。

しかし、冷たい飲み物は体を芯から冷やすことで免疫力や

血流の低下を引き起こし、夏バテにつながります。

暑い日は体の外(首や頭など)を冷やすことは大切ですが、

体の中は冷やしてはいけません。

飲み物はキンキンに冷やさず、常温または少し冷たいぐらいに抑えておきましょう。

 

【ポイント3】飲み過ぎないこと

水分が人間の体に吸収されるのは、約200mlと限界が決まっています。

これ以上の量を飲み過ぎると、胃酸が薄まって消化不良を起こしやすくなったり、

余分な水分が排出されずにむくみなどにつながってしまいます。

カブカブ飲みたい気持ちを抑えて、やや少なめに飲むことがポイントです。

Sponsored Link

 

熱中症対策に手作り飲料作り方レシピを紹介

688588284d15d00b839ed35754de2a71_s

市販のアクエリアスやポカリスエットなどのスポーツ飲料水は、

美味しくて塩分も含まれていて優れもの。

しかし、糖分がかなり高いため、毎日飲むのはおすすめできません。

糖分が高いと、飲んだあとにさらに喉が乾いて水分を欲する

”ペットボトル症候群”にもなってしまいます。

今日は自宅で作れる熱中症対策に優れた飲料水をご紹介します。

 

【レシピ】

水500ml、

砂糖20g、

食塩1.5g、

レモンやグレープフルーツの果汁を少々

※さらにはちみつなどを入れるとより美味しく続けられます!

これを混ぜて塩や砂糖を溶かすだけ!とっても簡単です!

 

このドリンクは、熱中症で脱水症状を発症した後でも

治療として使える飲み物なので、非常に重宝できます。

コストもほとんどかかりませんので、

これからの季節、是非作ってみてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。