ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

髪の湿気対策!美容師が伝授するぺたんこ&うねり&パサパサ対策は

2016.04.27

髪の湿気対策!

もうすぐ嫌~な季節がやってきますね、そう、梅雨。

じめじめ湿気が高いと、自分の体に影響があるのはまず髪ではないでしょうか。

筆者もくせ毛で、長年湿度が高いときにはうねったりパサパサしたりと

何度も悩まされました。

今行きつけの美容室の美容師さんに教えてもらってから、

湿度が高い日でも、なんとか自分の髪をコントロールできるようになりました!

今日はそんな髪の湿気対策について、

ぺたんこ&うねり&パサパサの対策についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

ぺたんこ髪の対策とは?

朝どれだけふんわりセットしても、気付けばすぐにペタっとしてしまう髪。

髪が細く、量も少ない人に多いのがぺたんこ髪です。

湿度が高くなると、髪の水分量が増えて重みでペタンコになったり、

髪の根元が寝てしまうことが原因です。

ぺたんこ髪には、ワックスや泡タイプのスタイリング剤は不向き。

これらのスタイリング剤がさらに”重み”となってしまい、

増々ぺたんこになってしまうからです。

ぺたんこ髪によい対策は、スプレータイプのスタイリング剤です。

例えば、「ケープ3Dエクストラキープ」は、湿気を吸収しにくい

「耐湿キープ処方」があり、湿度をよせつけず、

ふんわり髪をキープしてくれるのでおすすめです。

 

うねり髪の対策とは?

うねりやすい髪の対策はドライヤーとアイロンにありました!

夜シャンプー後のブローに、朝のスタイリング時に必ず、

”癖でうねる反対の方向”にドライヤーをかけ、癖を伸ばすことです。

その際、毛先ではなく、根元にドライヤーをすること。

 

さらにうねりがひどいという人は、ストレートアイロンがよいでしょう。

ストレートアイロンは髪が傷むというイメージが強いですが、

正しい使い方で使えば髪へのダメージはありません。

正しい使い方とは、”必ず乾いた髪に通す”ということです。

髪に水分が残っている状態でアイロンをし、ジュッという音が聞こえると、

髪はとてつもなく傷みます。

 

さらに、外出先でうねり髪対策がもうひとつ!これは特に前髪にいえることですが、

「額の汗をぬぐうこと」です。

湿気の時期のうねりは過剰な水分を髪が吸うことで起こります。

その過剰な水分の対策として汗拭き対策がかなり効果的なのです!

こまめに汗拭きシートで根元から吹いてあげることで、うねりも控えられますよ。

パサパサ髪の対策とは?

パサパサ髪の一番の原因は痛み。

傷んでいる髪は、高湿度でさらに広がったりパサパサしたりするのです。

よく髪の健康状態を”キューティクル”という言葉で現されますよね。

パサパサ髪にはまずキューティクルを取り戻す必要があります。

シャンプー、コンディショナーを見直しましょう。

さらに、カラーリングやパーマをかけるときなどは、

髪の傷みが最小限に抑えられるコーティング剤があるかどうか

美容師さんに相談してみることをおすすめします。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。