ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

クーラー病とは?原因は自律神経!症状や対策、治し方について

2015.07.16

クーラー病とは?原因は自律神経だった!

クーラー病(冷房病)とは、

部屋や電車など冷房が強く効いた空間に長時間いた後、

暑い外気温にさらされることを繰り返したときに起こる

体調不良のことをいいます。

人間の体温調節をしている”自律神経”は、

5℃以上の急激な気温変化に対処できないため、

それが繰り返されると、体温を下げる交感神経と体温を上げようとする

副交感神経のバランスが崩れ、体調不良をきたすのです。

 

クーラー病の症状は?

クーラー病の症状は様々です。

主に体の冷えからくる体調不良で、肩こり、頭痛、易疲労、腰痛、

下痢、便秘、腹痛、吐気、頻尿、食欲不振などがあげられます。

体が冷えやすい女性や、体温調節が難しい赤ちゃんや高齢者が

かかりやすいと言われていますが、健康な男性でもなる可能性があります。

「夏だけの一時的なものだから」と放おっておくと、

自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れ、

秋になっても不調が治らないということも起こり得ますので、

「クーラ病かな?」と思ったら早めに医師に相談することが大切です。

Sponsored Link

クーラー病の対策は?治し方も知りたい!

最近はエコだのクールビズだのといって一昔前より

クーラーの設定温度が高くなっている企業が増えています。

そのため、以前よりクーラー病にかかる患者は減ってきているようです。

しかし、運悪くクーラーの風が直接当たる場所でデスクワーク担当であったり、

今でもガンガンクーラーがきいているオフィスもありますので、

そのような場合はきちんと対策を取りたいものです。

具体的な対策を見て行きましょう!

 

【冷房内でとる対策】

①ひざかけ、靴下、腹巻で下半身を温める

②スカーフ着用で首もとを冷やさない

③羽織る衣類を常も携帯しておく

など、冷えから守るために身を守る対策を行います。

特に女性は下半身が冷えやすいため、女性なら①は

積極的に行うことをおすすめします。

 

【自宅でとる対策】

①ウォーキングやストレッチなどで血行を良くする

毎日少しの運動を行い、全身の血行を良くすることを心がけましょう。

汗をかくのは体温調節機能を正常に保つのに効果があります。

 

②シャワーでなくお風呂に浸かる

暑い夏はシャワーだけですませてしまいがちですが、

日中冷やした体は、ぬるめのお湯でゆっくり温めてあげるとよいです。

 

③温かく栄養バランスのよい食事をとる
暑い夏には冷たい食べ物や飲み物を摂取しがちですが、

胃を冷やすと、消化力が衰えて体力が落ち、

自律神経の乱れの原因になります。

暑い夏でも常温・温かい食べ物・飲み物を摂るように心がけるよよいですね。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。