ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

サンタクロースがいないと伝える説明は?子供が気付く平均年齢は?

クリスマスにはサンタさんがトナカイのそりに乗ってプレゼントを運んでくれる。子供なら誰しもワクワクするクリスマスの日。あなたも幼いころサンタさんの姿を一目見てみようと、クリスマスイブの日に眠い目をこすりながらいつもより遅くまで起きていた経験はありませんか。純粋な子供の心もいろいろな情報によって疑惑の念にかられます。そしてある日両親に問いかける日がやってきます。

「サンタさんがいないって本当?」

こう聞かれたときにあたふたしないために、親御さんも心の準備ときちんと説明できる対応力を身につけておきたいものです。今日は、サンタさんがいないと子供が気付くのはいつなのか平均的な年齢、またサンタさんはいないのかと聞かれたときに応えるべく親の良い説明についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

サンタクロースがいないと子供が気付く平均年齢は?

まず、サンタがいないと子供が気付く平均年齢は「9歳」です。9歳は小学校3年生・4年生にあたります。下は保育園・幼稚園のころ、上は中学生のころと、個人差がありますが、平均すると9歳になります。

一般的に兄弟がいる場合は、気付く年齢も早くなるようです。また、性別にも特徴があり、男の子より女の子の方が気付くのが早いようです。

Sponsored Link

「サンタクロースはいない」と伝える。子供の夢を壊さない良い説明とは?

幼稚園で勤務してきた筆者の立場からお伝えしますと、「サンタさんはいる」と信じてきた子供にとって、ある日突然「サンタさんはいない」と告げられるほど酷なことはありません。したがって、「サンタさんはいない」と親が断言するのはNGだと思います。ではサンタクロースの存在をどう伝えるべきか・・・。

「サンタさんはいるよ。でも○○ちゃんの家には来ないのよ。だって○○ちゃんにはサンタさんの代わりにお父さんやお母さんがいるからね。だからお父さんやお母さんがプレゼントを渡すんだよ。○○ちゃんは恵まれているね。幸せだね。サンタさんは恵まれない子供のところへプレゼントを運ぶのに忙しいんだね。」このように、サンタさんの存在は否定せず、あなたの子供にはお父さんやお母さんがプレゼントを渡すという事実を伝えることが良いでしょう。

 

ちなみに、素晴らしい回答がYahoo!知恵袋にありましたので、添付しておきます。

こちらです。子供の夢を壊さず、とても優しい愛に溢れる模範解答だと思います。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。