ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

VBAC(ブイバック)の費用は帝王切開より高い?出産金額まとめ

帝王切開で出産した経産婦さんが次回の御産を自然分娩にする出産方法をVBAC(ブイバック)と呼びます。タレントの木下優樹菜さんが2人目の赤ちゃんをVBAC出産されたことでVBACへの注目が集まりました。実際のところ、VBACの出産費用はいくらかかるのでしょうか。帝王切開よりも高いのか、気になる出産金額をまとめてみました。

Sponsored Link

VBAC(ブイバック)の費用は?

VBAC(ブイバック)で出産するという選択をした場合、安全面が一番気になりますが、次に気になるのは費用のことかもしれません。一般的には珍しい手法であるVBAC。特別な病院でしかやってもらえないVBACの費用はどれくらいするのでしょうか。結論から申し上げますと、VBACだからといって特別な料金が追加されるわけではありません。筆者の場合、1人目・2人目のときにはなかった35週ごろのレントゲン検査がVBACならではの追加料金に思いました。しかし、出産費用に関しては特に自然分娩の値段とは変わりません。地域差や病院によりますが、40~75万円が相場になります。(※出産一時金42万円が受けられるので、実質負担は異なります。)

Sponsored Link

VBAC(ブイバック)から帝王切開に切り替えた場合の費用は?

VBACを希望していても、少しの異変を感じたり、何らかの問題が生じて残念ながら帝王切開に切り替えられるケースがあります。その場合の費用は、帝王切開術として発生し、50~80万円が相場になります。しかし帝王切開の場合、出産一時金に加えて、民間の保険会社に加入していれば”お見舞金”が支給されます。筆者は2人目帝王切開で出産した後、民間保険会社から28万円のお見舞金を受け取りました。民間保険に入っている場合は、入院費用は実質マイナスになることは無く、むしろプラスになりちょっとしたお小遣いになりました。帝王切開の費用と保険とは?高額医療、出産一時金、医療費控除は?

VBACができるのは総合病院が多いので費用が高い!?

VBACが可能な病院は年々減ってきており、総合病院や大学病院などNICUが隣接されている大きい病院に偏ってきています。国立や県立の総合病院であれば、費用はむしろ安いのですが、私立の大学病院や総合病院になると分娩費用が相場よりも高めです。

また、出産費用は、地域によって大きく費用が異なります。分娩費用ランキング最下位(低い)の鳥取県の平均はなんと約39万円。これに比べてランキング一位(高い)の東京都は平均約56万円。地域が違うだけで17万円も差があります。

まとめ

VBACだからといって特別に費用が高いというわけではありません。普通分娩や帝王切開と同様に、分娩する病院の規模や地域によって大きく差がありますので、分娩予約をする前に十分に確認することをおすすめします。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。