ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

帝王切開の痛みのピークはいつまで?後陣痛と傷の痛みについて

出産。ママなら誰もが下から自然に産みたいと望むのではないでしょうか。

感動的な自然分娩の御産の予定が、帝王切開になってしまった・・・

まさか自分が帝王切開とは・・・

逆子、胎児の異常、難産の末の帝王切開など様々な理由があると思いますが、

心の傷もさることながら、体の傷はなかなか後を引くものです。

今日は帝王切開の痛みについて、痛みのピーク、傷の痛みはいつまで続くのか、

後陣痛が自然分娩よりも帝王切開分娩の方が痛むかどうか、

についてお伝えしていきたいと思います。

 

帝王切開の痛みのピークは?

帝王切開の痛みのピークは術後麻酔が切れる約8時間ぐらい経ってからになります。

体は動かせず、1人では寝返りを打つこともできません。

病院によっては麻酔が切れる時間ごろから

座薬や内服薬の鎮痛剤を投与してくれる場合もあります。

個人差はありますが、術後3日目には少しずつ歩く練習や、トイレの練習をさせられます。

これがかなり痛いですが帝王切開を経験する経産婦さんは皆さん通る道です。

入院中は医師や助産師との相談の上、鎮痛剤の量を決めていきます。

 

ちなみに私個人的には今まで手術などの経験が一切無かったため、

手術前に行う尿路管を入れることや、ぶっとい点滴の針を入れること自体

ものすごく痛かったです。

Sponsored Link

帝王切開の傷はいつまで痛むのか?

痛みを感じやすい人と痛みに敏感な人とでは、”痛い”と感じる程度が大きく異なるため、

帝王切開の傷がいつまで痛むのか一概に言えないところではあります。

そのため、帝王切開後の傷がいつまで痛むのかは本当に個人差があります。

産後1ヶ月程度で痛いと感じない人もいれば、

3~4年経っても痛くて鎮痛剤を服用する人もいるようです。

しかし一般的には産後約2ヶ月経てば、痛みは緩和して気にならなくなります。

傷口になりますので、触ったり、圧迫したり、

赤ちゃんに蹴られたりするとズキッという痛みは半年~1年は続きます。

 

帝王切開の場合、後陣痛が自然分娩よりも痛いって本当?

痛みに対する捉え方は個人差がありますので、これも帝王切開の方が痛い!

とは100%断定できないところではあります。

しかし一般的に、自然分娩と異なり、帝王切開で出産する場合は

陣痛を感じずに出産するため、”陣痛の痛み”に対する免疫が低く、

後陣痛の痛みを強く感じやすいようです。

また、帝王切開では子宮内が分娩の準備ができていない状態での出産になるので、

胎盤など無理に剥がすことになり自然分娩より後陣痛の痛みが増すことが考えられます。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。