ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

産後、生理再開は完母だと1年以上?妊娠希望の場合は受診すべき?

2017.11.10

産後、生理再開はいつ頃くるのか気になりますよね。完母、完ミルク、混合のママそれぞれ再会時期は違うのか不安になる人も多いのではないでしょうか。また、次の妊娠を希望する場合は生理が来ないと焦る気持ちも出てくるでしょう。今日は産後の生理再開についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

産後、生理再開は完母だと1年以上?

産後、生理再開の時期は本当に人それぞれです。一般的には完全母乳のママに比べて完全ミルクのママの方が生理再開は早いです。完全母乳のママの生理再開は一般的に産後1年前後が最も多いようです。完全ミルクのママの生理再開は産後2~3か月が最も早い時期です。生理再開(=排卵)はママのからだのホルモンに大きく関係しているところからお話ししていきます。

産後の生理再開はホルモンが影響

女性ホルモンである「プロラクチン」は、

①母乳を分泌する作用、

②排卵をストップさせる作用、

があります。産後のママはプロラクチンの濃度が高くなっています。プロラクチンは赤ちゃんが母乳を飲めば飲むほどどんどん分泌されるホルモンです。それゆえ、一般的にミルクのママに比べて、母乳をあげているママのほうが体内のプロラクチンの濃度が高くなります。ミルクのママよりも完全ミルクのママの方が生理再会時期が遅れる理由はここにあります。離乳食の時期になり、赤ちゃんの母乳を飲む量が少しずつ減ってくると、プロラクチンの量も少しずつ減り、排卵をストップさせる作用がなくなるので生理再開につながります。しかし、個人差がありますので、完母でも産後数か月で生理再開する人もいます。いずれも一般的な数字ですので、自分は遅れている、もしくは早すぎるからといって神経質になる必要はありません。

Sponsored Link

妊娠希望の場合は受診すべき?

産後1年以上経っても生理が再開しないと不安になるママも多いようです。次の赤ちゃんの妊娠を希望している場合、病院を受診するかどうか迷いますよね。産後1年半を過ぎたのに生理がこない、または断乳して数か月経っても生理が来ないという場合は、「高プロラクチン血症」という体内のプロラクチン量が多い症状を起こしている可能性があります。高プロラクチン血症になると、プロラクチンの体内の量が多いので、排卵をストップさせてしまうのです。生理再開時期に関して不安に思うことがあれば、迷わず産婦人科を受診してみてください。また、次の赤ちゃんを妊娠希望の場合は断乳が必要になってきます。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。