ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

里帰り出産はストレス?メリットとデメリットは?父母とうまくやる

2015.10.15

里帰り出産はストレス!?

日々の家事から一時的に開放され、実家に戻ってあぁ天国!

という夢のような”里帰り出産”。

実は経験している方のほとんどがストレスに悩まされてたという

アンケート結果があるのをご存知でしたか?

 

食事や洗濯をしてもらえる有難さは計り知れませんが、

すでに自分の部屋がなくなっていて居心地が悪い、

好みの食事のメニューではない、育児に関してあれこれ口出しされるなどなど、

小さな不満が毎日積もるとやがてストレスとなり、

当初予定していた期間よりも早く家に戻った・・・という人も少なくありません。

今日は里帰り出産について、経験者が語るメリット・デメリットをまとめ、

ストレスなく実家の父母とうまくやる秘訣をお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

里帰り出産のメリットとデメリットは?

【メリット】

・食事や洗濯など身の回りのことをやってもらえるので、楽。

・赤ちゃんのお世話に専念できる

・上の子がいる場合は、上の子の対応をしてもらえる

 

【デメリット】

・夫の立ち合い出産がしにくくなる

・夫が育児を任せきりになる傾向がある

・夫に浮気されやすい傾向がある

・(遠方で)上の子がいる場合、保育園や幼稚園を休ませなければならない

・市や県をまたぐ場合、出生に関わる手続きが面倒くさい

・新生児を連れての移動が大変

 

一般的に、里帰り出産のメリットはやはりママが楽であるという点です。

特に産後は思うように体も動かず、食事を作るのも一苦労。

実家のお母さんにやってもらえるのは本当にありがたいものです。

一方でデメリットは夫に関することが多いです。

一時的でも夫婦別の時間を過ごすことによって、

育児に関する温度差が生じ、協力を得にくい傾向があります。

 

里帰り出産-父母とうまくやる秘訣

①感謝の気持ちをこまめに伝える

家事をやってもらえることに対して「ありがとう」をきちんと伝えましょう。

親しき中にも礼儀あり。

少なからずご両親の負担は増えていますので、きちんと言葉にして伝えることが大切です。

 

②お金に関して、クリアにする

里帰りに際して両親にお金を渡すべきか、渡すなら金額はどうすべきかなど、

旦那さんときちんと話し合い決めましょう。

特に御礼を渡すことに関しては、里帰り出産の最初に決めておくべきでしょう。

 

③昔の育児法は話半分で聞く

お母さんのころはこうだった、昔はこうだった、というのは勉強になる反面、

現代では通用しにくい部分があったりします。

「今はこうなのよ!」と反抗するのではなく、

はいはいと聞き流すぐらいの気持ちで、話半分で聞くとストレスもたまりにくいです。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。