ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

帝王切開後の悪露はいつまで?鮮血だけど量は少ない?臭いや塊は

2018.04.19

帝王切開で出産となった経産婦さん、色々な不安や疑問が出てきますよね。今日は帝王切開後の悪露について詳しく触れていきたいと思います。帝王切開の場合、経膣分娩に比べて鮮血なのか、量は少ないのか、臭いや塊はあるのか、長引くという噂などについてお伝えしていきます。

帝王切開後の悪露はいつまで?

帝王切開の悪露も経膣分娩の悪露もやはり人それぞれ。妊婦さんの体によって異なります。しかし、一般的に、「1か月健診のときにまだ悪露がある」と体験した経産婦さんが多いようです。だいたい1か月半~2か月ほどで悪露は収まることが多いようです。2か月以上ダラダラと悪露が続くようなら、一度医師に相談してみるといいでしょう。

Sponsored Link

帝王切開だと鮮血で量は少ない?

一般的に帝王切開の悪露は量は少ないと言われています(その理由については後述)。また、鮮血であることが多いと言われていますが、中には茶色い血である場合もあります。特に問題ではありません。しかしながら、こちらも個人差があり、たとえ帝王切開だとしても量が多いと感じる人もいます。退院後は産褥ナプキンから夜用ナプキンやいつもの生理用ナプキンに変える人が多いようですね。

帝王切開後の悪露に臭いや塊はある?

帝王切開後の悪露だからといって悪露に臭いや塊があると決まっているわけではありません。筆者は帝王切開の際にも経膣分娩の際にも生理のときとは違う特有の生臭さを感じました。これが悪露なんだなぁと分かると思います。産後直後の数日間は塊があります。トイレに行くたびにその塊を見ることができると思います。しかしだんだんと塊の数も減ってきて、徐々に普段の生理のような血の量や質になってくることが多いです。

Sponsored Link

帝王切開後の悪露は長引く?

帝王切開後の悪露は長引くという噂を聞いたことがあるのではないでしょうか。筆者も経膣分娩と帝王切開分娩のどちらも経験しましたが、やはり帝王切開の方が悪露が長引いた印象がありました。その理由を説明していきます。

経膣分娩では出産の際に陣痛+後陣痛があります。この出産直後の期間に悪露(胎盤やその他の老廃物)を排出しようとママの体は一生懸命働きます。人体の自然な働きですね。

それに比べて帝王切開には陣痛がなく、手術中に一気に胎盤を取り出します。しかし胎盤は取り出せても老廃物はまだ母体に残っているわけですから、悪露として排出しようとする働きが徐々に始まります。経膣分娩では産後一気に悪露排出の働きになるのに対し、帝王切開では徐々に働く、これが帝王切開の悪露が長引く理由です。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

sitemap