ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

【帝王切開の麻酔方法】痛みはある?副作用や後遺症があるって本当?

2017.11.15

帝王切開による分娩は我が国で年々増えており、現在では約2割近くに妊婦さんが帝王切開による出産になっています。初産の妊婦さんで気になるのは、帝王切開の麻酔方法や痛みはあるのかというところではないでしょうか。今日は帝王切開手術の方法や痛みについて、また、副作用や後遺症があるのかどうかもまとめていきたいと思います。

帝王切開の麻酔の種類!

帝王切開の麻酔方法には大きく分けて2種類あります。1つ目は全身麻酔(妊婦さんの意識も感覚もない)。2つ目は下半身麻酔(妊婦さんの意識はあるが感覚がない)です。下半身麻酔には、腰椎麻酔や硬膜外麻酔があります。次の章では麻酔方法を順番に見ていきましょう!

帝王切開の麻酔方法!

①全身麻酔

点滴で麻酔を体内に入れる方法です。点滴ですので、全身にいきわたります。即効性もあり、点滴を始めれば数分で妊婦さんの意識がもうろうとしてきます。メリットは点滴なので麻酔を注入する際の痛みはほとんどないという点。デメリットは意識がないので赤ちゃんの産声を聞いたり、生まれてきた直後の赤ちゃんを見ることができないことです。

②下半身麻酔

腰椎または脊椎の硬膜外に麻酔を注射器で注入する方法です。胸元あたりから足の先まで麻酔がかかり、この部分に感覚や痛みはありません。メリットは妊婦さんの意識があるので、赤ちゃんの誕生の瞬間を見ることができ、産声を聞けるという点。デメリットはとにかく麻酔を注入する際の注射が痛いことです。

Sponsored Link

帝王切開の麻酔、痛みはある?

前章で述べたように、全身麻酔の場合にはほとんどの場合腕に注射器を刺すので、痛みはさほど大きく感じません。(点滴を打つ注射器が痛くてたまらないという敏感な人にとっては痛いという表現が適切かもしれません。)一方で下半身麻酔は腰椎や硬膜外に注射器を刺すので、刺す瞬間に背中に激痛が走ります。しかし、これは一瞬ですのですぐに痛みは消えますよ。

 

帝王切開の麻酔の副作用はある?

麻酔は強い薬ですので、副作用は当然生じます。しかし、麻酔の量によって、また人によって副作用を感じやすい人とそうでない人がいます。一概に麻酔の副作用が全ての人に出るというわけではありませんが、具体的な症状を書きたいと思います。

【麻酔注入直後の息苦しさ】

筆者も帝王切開経験者なのですが、筆者は麻酔注入直後に息苦しさを感じ、麻酔科医に訴えました。筆者の反応を見て、恐らく麻酔量を調節してもらえたのだと思います。麻酔注入直後の息苦しさは、麻酔による急激な血圧低下が引き起こしたものです。一般的にこのような息苦しさを訴えるのは、下半身麻酔の場合のみです。

Sponsored Link

帝王切開の麻酔の後遺症はある?

【術後の翌日~3日後:倦怠感、だるさ、吐き気、頭痛】

副作用・後遺症ともいえる術後翌日以降の症状です。これらの症状は時間が経つにつれ、麻酔が体から抜けていくことで少しずつ改善されていきます。頭痛が酷い場合や吐き気が止まらない場合などは我慢せず医師に相談すると緩和するお薬を処方してもらえます。自分の体の状態は自分が一番わかっています。産後は無理せず、痛みや副作用が辛いと感じたらすぐに相談するとよいですね。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。