ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

山本化学工業のアセトアミノフェンを使った風邪薬は何?バファリン?

2017.06.22

先ほど読んでいたニュースでとんでもない記事がありました。山本化学工業が生産性向上のために中国産の安価なアセトアミノフェンを輸入し、自社製品に混ぜて製薬会社に出荷していたということ。怖すぎるー!!消費者として気になるのは、山本化学工業が出荷した先の製薬会社です。どの製薬会社がそのアセトアミノフェンを使って風邪薬を作っているのか。消費者の私たちの手に届く風邪薬はどの製品なのか、バファリンも含まれるのか、安全なのか。気になるので調べてみました。

Sponsored Link

山本化学工業のアセトアミノフェンを使った風邪薬は何?

まず、簡単に山本化学工業が行った不正について説明します。アセトアミノフェン(AA)とは解熱鎮痛剤で、多くの市販薬や処方薬に含まれている物質です。山本化学工業がアセトアミノフェンを自社で製造→大手製薬会社に販売し、大手製薬会社が風邪薬を製造→市販薬や処方薬になるといった流れですね。山本化学工業はアメリカ産の原料を使ってアセトアミノフェンを製造していたと厚生労働省に報告されていましたが、実際には中国の安価なアセトアミノフェンを1~2割混ぜて作っていたそうです。中国産のアセトアミノフェンに品質的な問題はありませんでしたが、この虚偽の製造自体が問題となっています。

Sponsored Link

アセトアミノフェンを使った風邪薬は何?バファリン?

消費者にとって、一番気になるのはアセトアミノフェンが使われた風邪薬についてですね。実は山本化学工業はアセトアミノフェンの国内シェア8割以上を占め、数十社の製薬会社に出荷しているそうなんですね。そのため、ほとんどの風邪薬は今回のアセトアミノフェンが使われていると言っても過言ではありませんし、消費者として風邪薬の特定は困難です。

例えばバファリン(ライオン)やパブロン(大正製薬といった家庭に必ずあるような風邪薬にもアセトアミノフェンは含まれています。さらに、セデス(塩野義製薬)やグレランエース(武田薬品)といった有名な風邪薬もそうですね。

山本化学工業は全製品の出荷を自粛するということですし、山本化学工業のアセトアミノフェンを使った製薬会社は今後別ルートからアセトアミノフェンを仕入れることになるでしょう。心配なのは安全面ですが、各製薬会社がどのような対応をしてくるか、気になるところです。今後数か月間は慎重に風邪薬を選びたいですね。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。