ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

北朝鮮が水爆実験を太平洋でやったら被害は?さかなクンの反応は?

2017.09.22

北朝鮮のリ・ヨンホ外相がトランプ大統領の国連演説を痛烈に批判し、次は太平洋での水爆実験の可能性を言及してきました。ここで気になるのは、我らが魚博士さかなクンの反応。太平洋で水爆実験をしたら、さかなクンが怒るどころかマジギレする姿が目に浮かびます。北朝鮮の水爆実験に関してさかなクンをはじめとするTwitterの反応を見ていきましょう。

Sponsored Link

太平洋での水爆実験”ビキニ水爆実験”とは?

太平洋での水爆実験といえば、アメリカの”ビキニ水爆実験”が戦後歴史に残る最悪な実験だといえるでしょう。アメリカは日本に原爆を投下した1年後、太平洋マーシャル諸島のビキニ環礁で原爆実験を行い、さらに1954年同じビキニ環礁で水爆実験を行いました。この水爆実験は広島に投下された原爆の約1000倍以上の威力を持っていたといわれ、この水爆実験の影響でマグロ漁船や第五龍丸をはじめとする日本の漁船が1000隻以上が被ばくしました。戦後最大で最悪の水爆実験だったとされています。

実際にはこの水爆実験の被害は、漁船だけにとどまっていません。ビキニ環礁から200km近くも離れたロンゲラップ島に放射性物質が舞い散り、被ばくした人々には甲状腺がんや白血病など明らかな被ばく症状からくる病気が増加しました。また、新しく生まれてきた子供には奇形児や脊髄の病気もみられたとのことです。

Sponsored Link

北朝鮮が水爆実験を太平洋でやったら被害は?

北朝鮮のリ・ヨンホ外相がトランプ大統領の国連演説を受けて「私の考えでは太平洋での水爆実験を行うことになるのではないかと思う」とアメリカを挑発するような発言をしたことが注目を集めています。もし仮に本当に北朝鮮が太平洋で水素実験を行った場合、被害はどうなるのでしょうか。北朝鮮が太平洋のどこでどんな規模の水爆実験を行うかによって、被害は異なってきます。水爆実験から200㎞も離れた諸島で放射性物質による影響が人々に出ているのが明らかになったビキニ水爆実験。もしこれが日本やその他の国々の島の近くで行ったとすれば、人体への影響は計り知れません。考えただけでも恐ろしいです。また、太平洋に生息する魚たちも一度に死滅することになるかもしれません。北朝鮮の水爆実験の日本への影響は?魚が放射能汚染され食べれない?

飛翔体画像

北朝鮮の水爆実験に対するさかなクンの反応は?

魚を愛してやまないさかなクン。北朝鮮の水爆実験に関して、恐らくさかなクンが日本で一番太平洋の魚を心配していることでしょう。さかなクンが直筆で書いたメッセージはこちらです。

誰の国のものでもない、世界中のみんなの海。全ての魚の海。そんな海で水爆実験をするなんて考えられませんね。北朝鮮の水爆実験に関して、さかなクンが心配でたまりません。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。