ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

スティーブン・パドックの父親は銀行強盗だった!家族は?画像あり

2017.10.10

アメリカのラスベガスで起きた銃乱射事件の犯人であるスティーブン・パドック氏。自らも命を絶ったことから、現在も動機や当時の精神状態など謎に包まれているものが多いです。スティーブン・パドック氏を調べていくと、本人には犯罪歴がない一方で、父親がFBI最重要指名手配リストに載っていた銀行強盗の犯人であったことが分かりました。スティーブン・パドック氏の家族について詳しく触れていきたいと思います。

Sponsored Link

スティーブン・パドックという人物

本名:スティーヴン・パドック

年齢:事件当時64歳

出身地:米国ネバダ州メスキート

職業:元会計士、

免許:会計士免許、パイロット免許、ハンティング免許

趣味:カジノ、クルージング

結婚歴:離婚歴アリ。事件当時は独身で彼女がいた

 

スティーブン・パドック氏は元会計士です。日本でもそうですが、会計士というのは大学をで一定の単位を取得し、卒業していなければ取得・登録できない資格です。アメリカでは州ごとに試験が実施されています。スティーヴン・パドック氏は定年まで会計士だったということですから、長年お金に関するスペシャリストだったというわけですね。定年後は退職者向けのコミュニティーにマイホームを購入して、余生を楽しむかのようにみえました。

 

定職があり、特にお金に困ったという過去もない。むしろ資産家でだったということです。また、スティーブン・パドック氏は温厚な性格で、犯罪歴もなかったということです。しかしギャンブルに関しては熱が入ると人が違うようだったといいます。

Sponsored Link

スティーブン・パドックの父親は銀行強盗だった!画像あり

スティーブン・パドック氏の父親であるベンジャミン・パドック氏は銀行強盗の犯人で、1960年代に一度捕まり収監されましたが、1968年に脱獄し、なんとFBIの最重要指名手配リストに載っていました。1960年代ということは、スティーヴン・パドック氏がまだ小学生のころですね。スティーヴン・パドック氏はほとんど父親を知らずに育ったそうです。

父親のベンジャミン・パドック氏。FBI提供(2017年 ロイター)

スティーヴン・パドック氏の家族

スティーヴン・パドック氏には凶悪犯罪者の父(ベンジャミン・パドック氏)、母、そして弟のエリック・パドック氏がいますね。父親が銀行強盗の犯人であったという点以外は本当に普通の家庭で育ったパドック氏。ラスベガス事件に関しては謎が多すぎて、今後も事件真相の解明に時間がかかることでしょう。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。