ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

ネット受信料新設とは?ヤクザかとネット炎上!金額や支払い方法は?

2017.06.27

NHKがネット受信料新設を発表し、ネットが荒れていますね。テレビがない世帯も対象にしているということで、この一方的なこのNHKのやり方に「ヤクザか!」「こんな商売有り得ない!」と批判の声が殺到。ネットが炎上しています。そもそもネット受信料新設とはどういうものなのか。消費者として気になる金額や支払い方法も調べてみました。

Sponsored Link

ネット受信料新設とは?

テレビを持つ世帯はNHK受信料を払う義務があることは皆さんご存知かと思います。これは日本の法律で決められたルールなので、「NHKは見ないから受信料は払わない」というのは通用しないわけです。

 

さて、今話題になっている「ネット受信料」の新設。これは、テレビ放送のNHKとは異なります。「ネット同時配信」とは、テレビ放送と同じ内容を放送と同時にネットでも配信することです。だからスマホ、PC、タブレットなどでリアルタイムのテレビが見れるわけなんですね。つまりは、テレビを持っていない人でも、インターネット回線があればNHK見れちゃうでしょ?じゃあ受信料払ってくださいよ、というわけなんです。

テレビ同様、「NHKは見ないから受信料は払わない」というのも恐らく通用しないのです。

 

ネット受信料新設にヤクザかとネット炎上!

この一方的なNHKのやり方に、ネット上では「ヤクザか!」「いや、ヤクザよりたちが悪い!」など炎上しています。


流石にインターネット回線を持つすべての家庭というわけではなく、NHKのアプリを利用者が対象になるとは思いますが、ここも怪しいところですね。

Sponsored Link

「ネット受信料新設」金額や支払い方法は?

ネット受信料新設ですが、よくよく調べてみると、全員が支払う義務があるものではないのです。現在NHKの受信料を支払っている世帯はプラスアルファ支払わなうてもいいんですよ!ネット受信料新設の対象となっているのはあくまでも「テレビがなく、スマホなどでネット同時配信を見ている人もしくは世帯」のことなので、もう一度書きますが、現在受信料を払っている人はこれ以上払わなくてもいいわけです。ネット受信料新設の金額や支払い方法が気になるところです。まず金額について、現行の案は地上波と同じ2か月で2520円。つまり1か月で1260円です。年間で家計が15120円アップするわけですから、見過ごすわけにはいきません。支払い方法についてはまだ公表されておりませんが、アプリを通じて携帯電話会社が同時徴収になる可能性もあります。これもわかり次第情報をアップしていきたいと思います。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。