ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

ヒアリは日本のどこが生息地?名古屋にも上陸?越冬はするのか

2017.06.30

猛毒で、危険とされるヒアリ。2017年に兵庫県神戸市で初めて発見されたヒアリは尼崎でも発見され、ついに名古屋にも上陸している可能性があるとニュースが報じました。そもそも、外来種のヒアリは日本のどこにいるのか、生息地はどこなのか、夏が終わり、越冬はできるのか、ヒアリについて調べてみました!

Sponsored Link

ヒアリは日本のどこが生息地?

現在、日本でヒアリの生息が確認された場所は、「神戸」「尼崎」です。ヒアリに似ているとされ、大阪府内で発見されたアリは「アカカミアリ」というヒアリと同系種の毒性アリでした。2017年5月26日に初めて兵庫県神戸市のコンテナで発見され、その後兵庫県尼崎市でも確認されました。

元々は南米中部を生息地とするヒアリ。比較的暖かい地域を好むようです。貿易が発展することによって全世界にやってくることになりました。中国・台湾・アメリカ・オーストラリアなどにも生息しています。

Sponsored Link

ヒアリが名古屋にも上陸?

6月27日に名古屋港のコンテナからヒアリの形に似たアリが見つかったという報告がありました。現在ヒアリかどうか確認中ですが、もし仮にこのアリがヒアリだった場合、被害は名古屋にも及ぶことになり、名古屋市民も不安になることが懸念されます。すでに神戸の保育園や神戸ではヒアリの厳重な調査が行われていますが、名古屋も同様に厳しい検査が行われることになるでしょう。

ヒアリは日本で越冬することができるのか?

ヒアリは比較的暖かい地域を好み、もともとは南米中部を生息地としていたと書きました。それでは、ヒアリは日本で越冬することができないのではないか!?とちょっと思えてしまいますよね。調べてみたところ、ヒアリは厳しい冬の寒さでも巣さえきちんと作っておけば冬を越すことができるみたいです。中国やアメリカの北部で、気温が10度を下回る地域でも、全く問題なく越冬するそうです。だから日本としては何がなんでも早期発見期間中にヒアリを完全除去したいわけです。

ヒアリに刺されたらどうなる?

人間だけでなく、家畜にも被害を及ぼすというヒアリ。刺されると火傷のような激しい痛みがあることからヒアリ(火蟻)と呼ばれるようになったそうです。ヒアリは最悪の場合、死を招くこともある怖いアリなので、できるだけ最新の情報を入手し、現在生息しているとされる国や、日本の神戸・尼崎に刊行する際には細心の注意を払うように心がけてください。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。