ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

地対艦ミサイルとは?北朝鮮の弾道ミサイルで日本に影響なし?

2017.06.08

北朝鮮が謎の飛翔体を数発発射したということでニュース速報が流れていますね。ニュースでは、「弾道ミサイルではなく、地対艦ミサイルか」「日本へ安全面の影響はなし」と報道されていますが、そもそも地対艦ミサイルとはどういうもので、北朝鮮の飛翔体とは何なのか、謎が多すぎたので調べてみました。

Sponsored Link

地対艦ミサイルとは?

ミサイルにはいくつか種類があります。飛行機やヘリコプターなど空中で動いているものを撃ち落すための”対空ミサイル”。また、地上の戦車や施設などを破壊するための”対地ミサイル”など。そのミサイルの特徴や狙いを文字にして”●●ミサイル”となっているんですね。では、「地対艦ミサイル」とはどういったものかというと、地上の固定基地や移動型車輛から発射するミサイルで、攻撃の狙いは敵の”艦艇(軍艦)”なんですね。画像はこんな感じです。ほうほう。北朝鮮のミサイル問題で何回か見たことがあるミサイルですよね。

地対艦ミサイル画像

地対艦ミサイルとは北朝鮮の弾道ミサイルなの?

日本のニュースでは北朝鮮が発射したのは「弾道ミサイルではなく、地対艦ミサイル」「日本へ安全面の影響はなし」と報道されています。しかし、韓国の連合ニュースでは、北朝鮮東部の元山という町から日本海に向かって発射された飛翔体は”地対艦弾道ミサイル”と推定されると伝えています。日本と韓国で発表内容が違う・・・。まだまだ詳細が明らかになっていないこの飛翔体とやらは、”地対艦弾道ミサイル”(軍艦を狙った弾道ミサイル)である可能性もあるということです。日本海側に向けて発射したということは、日本の自衛隊艦艇を狙って発射されたミサイルであるとも考えられるでしょう。

Sponsored Link

地対艦ミサイルは日本に影響なし?

今回発射された飛翔体(地対艦ミサイル)は日本海に着弾しました。ニュースでは日本の安全に影響はなしと報道しています。これまで度重なるミサイル発射で日本に脅威を与え続けている北朝鮮ですが、実際に日本の艦艇を爆破したことはありませんし、ミサイルで被害を受けたことはありません。(もちろん被害が発生すればさらなる国際問題に発展しとんでもないことになるのですが。)一素人の見解ですが、ミサイル発射は北朝鮮が虚勢を張っているだけであり、日本への挑発に過ぎないのではないかと推測します。安心もしていられない状況ではありますが、北朝鮮のミサイル発射=日本が今すぐ危ないというわけではないので、冷静に判断していきたいですね。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。