ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

新幹線や飛行機で子供にゲームやスマホ以外で遊ばせる方法とは?

新幹線や飛行機などの長距離旅行の子供

年末年始、新幹線と飛行機に乗る機会がありました。

筆者は、車内・機内で見かけた子供たちのスマホ・ゲーム機の

保有率が高いことに驚きを隠せませんでした。

しかし、中には知的遊具で遊ぶ数少ない子供が!

私も子供にはゲーム機とにらめっこしてほしくない親の一人なので、

その子供の親御さんには妙に親近感が湧きました。

スマホやゲーム機ではなく、コンパクトな遊具で、

子供が集中して遊べるものはないのだろうか?

今日はそんな風に考える親御さんのために、筆者がすすめる

新幹線や飛行機で子供にゲームやスマホ以外で遊ばせる方法を

お伝えしたいと思います。

主に小学生の集中力が鍛えられる知的玩具をご紹介しています。

Sponsored Link

子供にゲームやスマホ以外で遊ばせる方法とは?

①ロンポス

色、形状、数が異なる球パーツを本体の穴にはめ込み、

全穴を埋める知能ゲームです。

IQ28~280 までの問題があり、大人もハマってしまうほど面白いです。

新幹線や飛行機についてあるテーブルの上で遊ぶことができ、

集中すれば1~2時間は軽く過ぎてしまいます。

 

②クロスワード

スマホではクロスワードのアプリが沢山ありますが、ここではデジタルに頼らず、

あえてアナログのクロスワードをやってみましょう。

クロスワードの本も売ってありますし、お子さんの年齢に合ったレベルの

クロスワードをネットからダウンロードし、

プリントアウトして持参するのも良いかもしれません。

 

③Tパズル

なんの変哲もない木のおもちゃですが、これも昔ながらの知能ゲーム。

簡単そうに見えて、実は奥が深い。意外に形をつくりあげるのは難しいです。

こちらも新幹線や飛行機についてあるテーブルの上で遊ぶことができます。

 

④マンガ

ゲーム機やスマホよりは確実に良いでしょう!

少しかさばりますが、2~3冊用意しておくと集中して読んでくれますよ。

 

⑤ひもとおし

やや女の子向け、小学校低学年におすすめなおもちゃです。

なんてない穴のあいた木のボードに様々な色を通すだけのシンプルなおもちゃ。

しかしこちらも大人がハマるほど面白いのです。

花や動物、いろんなものができてしまいます。

ドイツのデシュマ製がおすすめです。

対象年齢は3歳~となっていますが、手先が器用になっている小学生だと

さらにクリエイティブな作品ができ、楽しむことができますよ。

 

いかがでしたでしょうか。

お子さんの年齢に合わせて、ぜひ取り入れてみてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。