ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

妊娠中、旦那の飲み会にストレス!朝帰りや帰宅時間が遅いのは女?

妊娠中に旦那の飲み会が気になったり、ストレスに感じている、というプレママが多いようです。特に朝帰りをされたり、帰宅時間が遅くなると、「もしかして女!?」と疑いの目を向けてしまうのも無理はありません。今日は、”妻が妊娠中の旦那の飲み会”について論じていきたいと思います。

Sponsored Link

妊娠中、旦那の飲み会にストレスを感じる妻は7割以上!

妊娠中は、ホルモンバランスの関係で情緒不安定になりやすく、普段より涙もろくなったり、些細なことでイライラしてしまいがちです。イライラの矛先は同居人である”旦那”に向かってしまうことが大半ではないでしょうか。夕食の後片付けしてくれない、家事に協力的でない、などイライラの種は尽きませんが、中でも旦那さんの飲み会に対してストレスを感じている妻が実に7割以上いることが分かりました。飲むことが好きな奥さんであれば尚更夫だけが飲み会に行けることにストレスを感じているようです。

梅雨の頭痛

旦那の飲み会の帰宅時間が遅いことや朝帰りの原因は女?

妊娠前はそこまで気にならなかった旦那の飲み会の帰宅時間が、帰宅を待つ妊婦さんとなると1分1秒気になるものです。妊娠中は夫婦生活もできないので(しないほうがベターなので)、夫の興味が他の女性に移ってしまったのではないかと心配になることも多いでしょう。スマホをチェックしたり、無駄に匂いをかいでみたり(笑)。証拠をつかんでやりたくなるものです。しかし、必ずしも帰宅時間が遅かったり朝帰りする=他に女性がいるということではなさそうです。根っからの遊び人気質の男性もいるようですが、必ずそうとは限りません。筆者の友人の旦那さんは、妻の妊娠中毎晩帰宅時間が遅く、妻がしびれを切らして問い詰めたところ、ボルダリングジムに通っていたことが判明しました。どうして隠していたのか問い詰めると、「自分だけ楽しんでると思われたらいやだった」と白状したそうです。男性もどうやら寂しさゆえ外へ居場所を求めてしまう傾向にあるようです。赤ちゃんが生まれてくれば、旦那さんの手伝いが不可欠ですので、自分が必要とされていると感じたら必ず帰宅時間も早くなります。

Sponsored Link

父親には産後に期待すべし!

正直、赤ちゃんがお腹にいる間というのは、母親と父親の間に温度差があります。お腹が大きくなるにつれて芽生える母性に対し、父親の父性は赤ちゃんが生まれてからしか芽生えません。父親のからだから赤ちゃんを産むことができないし、赤ちゃんにおっぱいをあげるわけでもありません。ですから、父性というのは赤ちゃんが誕生して一緒に過ごす中で芽生えていくものだと思うのです。ですので、妊娠中旦那さんの飲み会の頻度や帰宅時間が遅いことは目をつぶって、赤ちゃんが生まれたら色々助けてもらうから、という貯金をする想いで旦那さんを見守ってみてはどうでしょうか。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。