ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

液体ミルクのデメリットとは?安全性や添加物は大丈夫?使い方も解説

赤ちゃん用の液体ミルクの国内販売が2018年の夏に解禁することが報じられました。海外では普通に流通している一方で、日本ではこれまで度々国内販売が検討されてきたものの、なかなか政府の認可が下りず、推進派のママたちはヤキモキしていたようです。液体ミルクが承認されたのは喜ばしい反面、デメリットはあるのでしょうか。特に気になるのが添加物など赤ちゃんに与える影響や安全面ですよね。今日は液体ミルクのニュースではあまり放送されていない部分について触れていきたいと思います。

液体ミルクのメリットとは?

液体ミルクのメリットはかなりたくさんあるようです。まずは粉ミルクのデメリットを上げてみましょう。粉ミルクを利用したことがあるママは必ず感じたことがあると思いますが、

①赤ちゃんに与えるまで手間がかかる

②哺乳瓶の消毒が大変

③熱さを調節するのが大変

④災害時などお湯や水の手配が困難なときに困る

といったことが挙げられます。確かに粉ミルクあるあるですよね。

赤ちゃんが「お腹が空いた」と泣き始めて粉ミルクを作り始めてから数分はかかりますし、飲んだ後の哺乳瓶の消毒も手間がかかります。また、パパや祖父母など粉ミルクに不慣れな人が作った場合、熱すぎたりぬるすぎたりして赤ちゃんが飲んでくれないケースもありますよね。さらに、東日本大震災や熊本地震のときに注目されたように、災害時には温かいお湯やきれいな水の確保が非常に難しいことがあります。そんなとき粉ミルクを作るのはママにとってかなりの負担でした。そんな中、海外から支援物資として送られてきたのが「液体ミルク」でした。液体ミルクは上記にあげた粉ミルクのデメリットを全て解決してくれるのです。液体ミルクは既に出来上がったミルクですので、溶かす必要がありません。ですから、赤ちゃんが欲しているときにすぐに与えることができるのです。また、基本的には哺乳瓶の口の部分を取り換えればよいだけなので、衛生的にも優れています。地震大国の日本にとって、育児中のママにとって緊急時にこれほどありがたいものはないはずです。

Sponsored Link

液体ミルクのデメリットとは?

今度は逆に液体ミルクのデメリットをあげていきましょう。デメリットは大きく分けて価格面と保存面の2つあります。残念ながら液体ミルクは現在のところ「高級品」です。日本ではまだ一部の輸入販売しかしていないという点もありますが、とにかく高い!とても毎日与えられる商品ではないというのが筆者の見解です。しかし、これは今後流通が発展し、各メーカーが開発・販売を奨めれば解消されていく問題だと思っています。

もう1つのデメリットは保存面です。すでに出来上がっている状態の液体ミルクの賞味期限はおよそ常温保存で半年~1年のものが多いです。これに比べて粉ミルクは2~3年。災害時用に与えたくても「賞味期限が切れてあげられない」という事態が頻発してしまう可能性があります。この価格面と保存面が今後の日本市場における課題といっていいかもしれません。

Sponsored Link

安全性や添加物は大丈夫?

健康志向のママであれば、液体ミルクの安全性や添加物が気になるところだと思います。基本的な栄養分は粉ミルクも液体ミルクも大差ありません。しかし粉ミルクと異なり、液体を長期保存するためにはそれなりの保存料(添加物)が含まれています。特に注目したいのは、日本ではまだ使用されていない「亜セレン酸ナトリウム」という物質。液体ミルクに入っているメーカーが多いようですが、これを日本の添加物に代替えできるのか、どうするのか要注目です。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

sitemap