ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

黒糖が赤ちゃんにダメな理由はボツリヌス菌?キビ砂糖ならOK?

先日離乳食を開始した生後6ヵ月の赤ちゃんがはちみつ入りのジュースを飲んで亡くなったというニュースがありました。赤ちゃんに与えてはいけない食材。実ははちみつ以外にも「黒糖」も赤ちゃんにとって危険だということをご存知でしたか。今日は黒糖が赤ちゃんにダメな理由について、キビ砂糖ならOKなのか、赤ちゃんに必要な甘味成分について調べてみました。

Sponsored Link

黒糖が赤ちゃんにダメな理由は?

赤ちゃんには体に良いものをあげたい。

こう思うのはママにとって当然のことでしょう。

白砂糖よりも黒糖の方が体に良いから、栄養価が高いから、と思って黒糖を赤ちゃんに与えるのは危険です。意外と知られていないですが、黒糖にははちみつと同じ「ボツリヌス菌」が含まれており、1歳以下の赤ちゃんに与えると「乳児ボツリヌス症」を引き起こし、赤ちゃんを危険な状態にしてしまうかもしれません。

Sponsored Link

ボツリヌス菌とは?

ボツリヌス菌は土の中で生きている細菌(土壌菌)の1つです。

腸が未発達の1歳未満の赤ちゃんが摂取すると、ボツリヌス芽胞が消化されずに腸管内で繁殖してしまい、ボツリヌス毒素が発生して、便秘や筋力の低下、最悪のケースは亡くなってしまうということもあります。

乳児に蜂蜜は危険なのは常識?いつからあげる?加熱すればいいの?

 赤ちゃん

赤ちゃんにキビ砂糖ならOKなのか?ここにテキストを入力します

黒糖が乳児にとって危険と分かったところで、では健康を気にするママは赤ちゃんの離乳食の甘味成分に何を使えばよいのでしょうか。

まずキビ砂糖。キビ砂糖は黒糖と同じ原料のサトウキビからできているものと、ビーツ(甜菜)からできているものがあります。

黒糖は、サトウキビの絞り汁からゴミなどを取り除き、そのまま煮詰めたものになり、ボツリヌス菌が含まれる可能性が高いと言われています。

一方キビ砂糖は、サトウキビの絞り汁を精製して、不純物をある程度取り除いたものになり、そういった意味で黒糖よりもボツリヌス菌が含まれている可能性は低いものの、ゼロではありません。

キビ砂糖にもボツリヌス菌が含まれている可能性はありますので、1歳未満の赤ちゃんには与えない方がよいでしょう。

赤ちゃんに与える甘味料として、安心なのはみりん。お料理の時にはみりんを使ってあげると良いですね。また、ジュースやゼリーなど嗜好品を作って与えるときには、精製されたもの(グラニュー糖、上白糖、三温糖)を使うと良いでしょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。