ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

こども保険に反対な独身女性や子供いない夫婦の声!家計にどう影響?

自民党・小泉進次郎氏ら若手議員が提案している「こども保険」。一見子どものこと考えてくれているようで響きはいいですが、実際のところどうなのでしょうか。「児童手当」のように中途半端に終わるのではないか。また、反対という声も多く、特に独身女性や子供がいない夫婦の声も大きいようです。今日はこども保険の反対の声と、家計にどう影響するのか調べてみました。

Sponsored Link

こども保険に反対な独身女性や子供いない夫婦の声!

そもそも「こども保険」とは、こどもがいる・いない関わらず全ての勤務者に対して社会保険料率を0.1%上乗せし、これによって確保した財源で未就学児1人当たり月額5000円を支給するというものです。さらに将来的には0.1%を0.5%に引き上げることで、支給額を25000円/月にするとのことで、保育園・幼稚園を実質無償化するという考えなんだそうです。

 

これに対し、独身女性や子供がいない夫婦、さらには子育てを終えた夫婦から反対の声が続出しています。子供がいない世帯にとってはただただ「強制徴収」にすぎず、彼らにとっては何のメリットもないからです。小泉進次郎氏は、子供がいないない人に対し、”将来社会保障の給付を受ける側になるため、若い世代を支援するのは、子供がいる・いないに関わらず必要なことだと説明していく”と述べています。

Sponsored Link

こども保険は家計にどう影響?

こども保険が施行されたら、一番気になるのが家計にどう影響するのかというところでしょう。年収約500万円のサラリーマンを例に挙げて計算してみると、かなりショッキングな事実が分かります。社会保険料とは厚生年金・雇用保険・健康保険をまとめていいますが、年収500万円のサラリーマンですとおおよそ70万円社会保険料として納めていることになります。将来的に0.5%社会保険料を引き上げるということは、単純計算で35000円/年家計が苦しくなるというわけです。(子育て世代のサラリーマンももちろん引き上げられます。)

こども保険

筆者の意見として、保育園・幼稚園を実質無償化といいますが、実際のところ本当にお金が必要になってくるのは塾や受験費用が必要となる小学校高学年からだと思いますし、大学入試・下宿代などに一番お金がかかります。子供は国の資産だといって幼児期にお金を使うのは、子育て経験がない政治家だから言えるのではないかと思ってしまいました。

また、「児童手当」に加えてまだ支給するの!?と筆者は単純に思いました。「こども保険」は子育て世帯の負担を減らす目的といいます。しかし幼児期というのは食費もそんなにいらない、習い事もそんなにない。収入が少ない世帯には支援制度も充実している。だから普通に生活する分には、幼児期を持つ子育て世代はそこまで負担はないですよ、と言いたいです。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。