ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

こども保険とは?社会保険になるの?詳しく簡単に年齢や内容を説明

自民党の小泉進次郎氏を筆頭に提案されている「こども保険」。反対意見も多く、取り上げられていますね。実際のところ、こども保険とは何なのでしょうか。社会保険の位置づけ、年齢のくくりはあるのか、詳しく簡単に内容を説明していきたいと思います。

Sponsored Link

こども保険とは?

「こども保険」とは、社会保険料率を0.1%上乗せし、その上乗せ分で確保する財源(約3400億円)を未就学児に5000円/月支給するというものです。こどもがいる家庭にとっては、現行支給されている児童手当がプラスアルファ5000円/月になるとうイメージです。

一方私たち働く大人にとってみると、社会保険料が上乗せされるので、家計には大きなダメージとなります。一見すると消費税増税とあまり大差ないように感じてしまいます。少子高齢化が進む日本で、未来の日本を支える子供の数を増やすために「こども保険」を社会保険に組み込みたいという意向なんだそうです。こども保険に反対な独身女性や子供いない夫婦の声!家計にどう影響?

Sponsored Link

こども保険は社会保険になるの?

そもそも日本の社会保険とは、「厚生年金」・「雇用保険」・「健康保険」をまとめて社会保険といいます。これに加え、4つ目に「こども保険」を加えようというわけです。こどもがいる・いない関わらず、すべてのサラリーマンには社会保険料を収める義務があるので、こども保険が施行された場合、給与明細から自動的に差し引かれるようになります。

こども保険

こども保険を詳しく簡単に解説!年齢は?

現時点で自民党が提案している内容としては、

①「こども保険」に所得制限はなく、基本的には一律にしようとする考え。

②未就学児が対象になるので、年齢は6歳以下。小学校就学前までという形になることが予想される

③増税ではなく、社会保険料を上乗せして財源を確保する、というものです。

一見、小さい子供がいる世帯にとっては、児童手当が増えるので喜ばしいことのように思えますが、子供がいない世帯や子育てを終えた世代にとっては全くメリットを感じられない制度ということは言うまでもないでしょう。こども保険を制定したところで、果たして本当に意味で少子化対策になるのか。すごく疑問です。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。