ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

熊本地震を予言した人物は村井氏や早川氏でなく未来人?3.11も予言!

2016.04.19

熊本地震は、村井氏や早川氏も予知できなかった!

震度7を記録した4月14日の熊本地震。

地震予知研究者といえば、JESEA・地震科学探査機構の村井氏や

日本地震予知学会会長である早川氏が有名で、

的中率が非常に高いと言われています。

彼らの有料メールマガジンに登録している人も多いのですが、

今回の熊本地震は両者とも予知していませんでした。

 

早川氏は12日にインターネット上の地震予測情報サービス「地震解析ラボ」で

「4月8日から19日の間に、伊予灘から日向灘にかけて内陸でM5・0前後、

海底で5・5前後、最大震度4程度」と予測。

方向と期間はあっているものの、具体的な場所と規模が全く外れています。

「震源は地下50キロ程度を想定して震度を予測していたので、

ここまで揺れるとは考えていなかった」と後日コメントしています。

 

また、村井氏は九州地方を完全ノーマークといっても過言ではなく、

南関東や東北の予知を繰り返していました。

そんな中、熊本地震を予言したとされる人物がいるということをご存知でしょうか。

Sponsored Link

熊本地震を予言した人物「未来人」とは?

熊本地震発生後、「2062年から来た未来人」という人物が話題になっています。

「2062年から来た未来人」とは、2ちゃんねるに登場した人物で、

自分を未来から来た人間と名乗っています。

 

どこで、どれくらいの規模の地震が発生するのかという具体的な情報は一切出しません。

なぜなら、”人口動態的変化にかかわることは教えられない”という

未来界でのルールがあるのだそうです。

ではどういった情報をネットに載せていたのかというと、

「今回の任務が完了したらら2016年4月15日へ行く。また会えたらいいな」

「2016年4月15日、非常に大事な事を伝えに行ったが困惑した。的確で冷静な判断を頼む」

というコメントを残し、2011年7月を最後にネット上からいなくなりました。

そして実際に、4月15日、熊本で大地震が起きたのです。

 

未来人は3.11東日本大震災も予言していた!

未来人は東日本大震災が発生する前の年、2010年の時点で

2011年3月11日の東日本大震災や津波を思わせるコメントの書き込みをしていたのです。

”自然災害に関しては、言う事が許されない。人口動態変化に繋がる事は言えないのだ。

ただし、忠告しておく。yあ 間 N意 埜 b於 レ”とありました。(2010年11月14日コメント)

これは、「山に登れ」=津波被害という意味だととることができます。

人口動態的変化にかかわることは教えられないという中で、

かなりギリギリな情報を教えてもらえたといってもいいのではと思えますね。

そんな未来人が次に現れるのは5月17日だそう。

その日に何か起こるのか、それともただ単にネット上に現れるだけなのか、要注目です。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。