ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

ルイボスティのすごい効能とは?飲みすぎても平気?副作用はあるのか

2016.09.29

ルイボスティのすごい効能とは?

紅茶

日本でも注目され、愛飲者が増え続けている「ルイボスティ」。我が家でも普段飲むお茶を麦茶からルイボスティに変えて早2年が経ち、子ども達のアトピーも落ち着いてきました。

ルイボスティを飲んでいる人から、便秘が治った、アトピー肌が改善した、調子がよくなった、など実に様々な効能を聞きます。実際のところ、ルイボスティの効能ってどれだけすごいのか気になったのでまとめて見ました。飲みすぎても平気なのか、副作用についても調べてみました!

 

【効能】

①便秘

ルイボスティには腸内環境を整える作用があります。腸内の善玉菌を残し、悪玉菌を排出する作用があるのです。腸内環境が整い、便秘が改善されることでダイエット効果があるという人もいるようです。

※ルイボスティをたくさん飲んだからといって便秘が改善されるわけではありません。

 

②アンチエイジング

ルイボスティーに含まれるSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素は、体に悪い影響を及ぼす活性酸素を抑える働きがあります。それが、アンチエイジングにつながります。

 

③アトピー性皮膚炎、乾燥肌

アトピー性皮膚炎にも上記のSOD様酵素が役立ちます。アトピー患者にルイボスティを勧める医者もいるぐらいです。また、ルイボスティには乾燥肌をサポートするミネラルを多く含みます。

 

ルイボスティは飲みすぎても大丈夫?

Sponsored Link

こんなに健康に良いとされるルイボスティ。がぶがぶ飲みすぎても大丈夫なのでしょうか?

 

まず、ルイボスティはノンカフェインであり、南アフリカでしか取れない茶葉を自然発酵させたものです。一部ではルイボスティは南国でとれたものなので体を冷やすという人もおりますが、ルイボスティはマメ科に属する植物で、体を温める陽性の効果があると立証されています。キンキンに冷やして大量に飲むともちろん体を冷やすのでよくありませんが、常温や温めたルイボスティはたくさん飲んでも問題ありません。

 

また,

ルイボスティーはミネラルを多く含んでいます。ルイボスティを飲みすぎるとミネラルの過剰摂取で腎臓に負担をかけるのではないかと心配する人もおります。しかし、消化吸収や排泄などをサポートするミネラルは水に溶けやすく、体内に蓄積される栄養素ではありません。ルイボスティーを飲みすぎて過剰摂取になる心配はありません。

 

いかがでしょうか。値段は市販のお茶より少し高めですが、体の中から美しくしてくれるお茶だということがよく分かりますね。人によって効果は様々です。是非一度ルイボスティを試してみてはいかがでしょうか。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。