ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

花粉症対策にヨーグルト!おすすめのメーカーは?種類は?効果は?

2015.03.11

花粉症対策にヨーグルト!

も辛い時期がやってきました・・・。目カユカユ、鼻水ジュルジュル。

そう、花粉症です。

日本にいる限り、一度発症してしまった花粉症は

一生のお付き合いになってしまいます。

最近では、花粉症を発症する年齢がどんどん低くなってきていて、

幼稚園児・保育園児でも頑丈な花粉対策メガネを着用していたり、

マスクがないと外出できない子が増えてきているようです。

 

さてさて、そんな辛い症状ばかりの花粉症。

私も花粉症に悩まされてきた人間の一人です。

ですが、主婦という時間を有り余らせている身分ですので、

花粉症に良いとされる色んな物を試すようになりました。(お金をかけずね♪)

 

そうすることで、20代前半は薬がないと一日が過ごせなかったのに、

アラサーの今では「鼻がモゾモゾするぞ。今日はちょっと花粉強めだな・・・」

のお薬に頼らないレベルに至りました。

今日は自分でできる花粉症対策の中でもヨーグルトに着目し、

おすすめのメーカーは?種類は?効果は?について詳しくお伝えしたいと思います。

 

1301146top

腸内環境を整えることで知られるヨーグルト。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、善玉菌を増加させて腸内に悪影響を及ぼす物質を除去し、

腸の粘膜を健康な状態に回復させる作用があります。

ヨーグルトには、花粉症の原因であるIgE抗体の活動を抑制する作用もある事から、

アレルギー症状にも有効とされています。

(参照:花粉症対策ナビhttp://kafunshou.biz/)

だからヨーグルトを毎日食べると花粉症対策になる、というようになったわけですね。

Sponsored Link

花粉症対策のヨーグルト、どこのメーカーがおすすめ?種類、効果は?

花粉症対策のヨーグルト、最近いろんなメーカーが出しています。

一言で乳酸菌といっても、乳酸菌にもいろんな種類があり、

実際どれがいいの?と分からなくなってしまいます。

花粉症対策になる乳酸菌としてよく聞くのは、

LG21乳酸菌、1073R-1乳酸菌、フェカリス菌、

KW乳酸菌、L-92乳酸菌、ラブレ菌、BE80菌などですよね。

この中で特にこれが一番効く!という乳酸菌はありません。

どれも似たり寄ったりです。

乳酸菌の種類やヨーグルトのメーカーというよりも、

「ヨーグルトの食べ方」の方が大切です。

 

市販のヨーグルトにはたくさんの白砂糖もしくは

それに値する人工甘味料(アスパルテームやスクラロース)が入っていて、

とても美味しく食べやすくなっています。

でもこの甘味が花粉症のアレルギー体質の人間にとっては最大の悪なのです。

白砂糖はアレルギーを引き起こし、症状を悪化させる物質として数多くの研究者が論文を発表しています。

また、アスパルテームなどの人工甘味料は蓄積すると脳障害を引き起こす食品添加物として問題視されています。

 

このようなことから、ヨーグルトは「無糖」「無添加」のものを選ぶのがベストなのです。

時間に余裕があれば、カスピ海ヨーグルトを自宅で作るのもいいかと思います♪

市販の無糖ヨーグルトだけでは食べにくいので、メープルシロップや黒糖を混ぜたり、

フルーツと一緒に食べると美味しくいただけでオススメです。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。