ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

ほうじ茶のカフェイン含有量!赤ちゃんや妊娠中でも飲んでいい?

2017.05.23

健康志向の人の中でじわじわブームとなっている”ほうじ茶”。ほうじ茶パックやペットボトルのほうじ茶の売上が右肩上がりで、スタバでは”ほうじ茶ラテ”がメニューに並んだり、ほうじ茶の香水まで発売されている今日この頃です。ほうじ茶ってそんなに体にいいのか、そもそもほうじ茶にカフェインは含まれるのか、赤ちゃんや妊娠中の女性でも飲んでいいのか、気になったので調べてみました!

Sponsored Link

ほうじ茶にカフェインは含まれる?

ほうじ茶ブームとなっているほうじ茶ですが、カフェインは含まれるのでしょうか。調べたところ、ほうじ茶にはカフェインは含まれています。ほうじ茶の元は緑茶です。緑茶の茶葉を強火で炒ることで、色が濃い茶色になります。また強火で炒ることで緑茶に含まれるカフェインの大部分が消えるため、緑茶よりもカフェインの含有量は少ないとされています。
ほうじ茶のカフェイン含有量は、100mlあたり約20㎎です。参考までにコーヒーや紅茶は100mlあたり約60mg以上、緑茶は約180mlのカフェインが含まれています。カフェイン摂取後30分経ったあとに一番効果が発揮されると言われていて、夜250mg以上摂取すると夜中の覚醒に影響すると言われています。

Sponsored Link

ほうじ茶は赤ちゃんや妊娠中でも飲んでいいの?

コーヒー・紅茶・緑茶に比べて、ほうじ茶はカフェイン含有量が少ないことから、赤ちゃんや妊娠中でも飲んでもOKとしている育児書やママ向け雑誌が多いようです。カフェインが気になる人は、一度煮出したほうじ茶を薄めて飲んだり、摂取量をコップ1~2杯に留めておくとよいでしょう。西松屋など子供・ベビー用品店に行くと、赤ちゃん用のほうじ茶ペットボトルも店頭に並んでいます。ちなみに、カフェインの影響がどうしても気になるという方は、麦茶を飲むとよいです。麦茶の元となる大麦にはカフェインが含まれていません。よって麦茶は完全カフェインレスのドリンクというわけです。

紅茶

ほうじ茶のビューティパワーがすごい!

なぜこれほどまでにほうじ茶がブームになっているかというと、ほうじ茶の効能がすごいからなんですね。調べてみると、美肌効果がある、アンチエイジング効果がある、ダイエット効果がある、というものなんですね。これゆえ、日本だけではなく、世界でもほうじ茶に注目が高まっているようです。日本発の食材が世界で注目されるのはうれしいですね!最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。