ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

グルテンは危険で病気になる?グルテンを含む食材含まない食材は?

2016.03.11

グルテンは危険で病気になる?

小麦に含まれるグルテン。

このグルテンが様々な現代病を引き起こしている原因であることが

最近の研究でわかってきました。

今日はグルテンがどう危険なのか、どんな病気を引き起こすのか、

グルテンを含む食材、含まない食材について調査してみました!

 

一昔前の小麦は食べても安心だった!

アメリカ人の富豪家・ロックフェラーがおこなった小麦の品種改良で、

小麦畑の収穫量が約10倍に増え、一見素晴らしい成果のように見えました。

今や全世界の小麦の99%以上はこのロックフェラー式小麦だと言われています。

Sponsored Link

品種改良を行う以前の小麦はグルテンの含有量も少なく、

体に安全で、健康的なものでした。

それが、ロックフェラー式小麦に変わったことで、

小麦に含まれるグルテンの量は驚くほどに増え、

様々な病気を引き起こす食材に変化してしまいました。

さらに小麦の糖質も驚くほど上がり、

なんと砂糖を食べているのと同じほど血糖値を急激にあげる物質へと変化したのです!

 

グルテンが引き起こす病気たち

グルテンが脳の満腹中枢を刺激し食欲を増す作用は、

全世界の人間の肥満率をあげてくれました。

肥満以外にも様々な病名があげられます。

例えば、全身エリテマトーデス、ぜんそく、潰瘍性大腸炎、

クローン病、橋下病などの自己免疫疾患、過敏性胃腸炎、糖尿病、

肝臓病、ヘルペス、脱毛症、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、

不妊、神経疾患などあげるときりがないほど多くの

病名がグルテンに関係するとアメリカの医師会で発表されています。

 

グルテンを含む食材含まない食材は?

それでは実際に小麦はパンや麺類以外にどういった

食材に使われているのかみていきましょう。

 

グルテンを含む食材
パン、パスタ、うどん、ラーメン、焼きそば、

マカロニ、小麦粉(全粒粉も)、ピザ、パン粉、天ぷらや揚げ物の衣、

餃子やシュウマイの皮、肉まん、醤油、麦茶、洋菓子(スポンジケーキなど)、

パンケーキ、ホットケーキ、カレーやシチューのルー、ビール、など

 

【グルテンを含まない食材
米、もち、ビーフン、そば、雑穀、米粉、大豆粉、玄米粉、そば粉、片栗粉、

葛粉、コーンスターチ、豆乳、牛乳、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーなど

 

いかがでしたでしょうか。

意外な食材にも小麦が使われていることがわかりますね!

スーパーで食材を購入するときには、

きちんと原材料をチェックすることが大切かと思います。

グルテンを含まない食材に代替えすることも大事ですね。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。