ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

5月病とは?症状、原因、予防対策を調査!食事による治し方

2015.05.07

5月病とは?

日本では長期休み”ゴールデンウィーク”がありますよね。

4月は日本人にとって”変化”の時期。
仕事や学校、転居などで環境が変わり、

最初のうちは緊張感があって張り切っていたものの、

ゴールデンウィークが明けると

”なんとなく”気分がすぐれない、やる気がでない、

ボーっとしてしまう、気分が落ち込む、疲れやすい、

眠れないといった状態になることを「五月病」といいます。

日本人ならではの症状とも言えます。

5月病の原因、症状、予防対策や食事による治し方について

ご紹介していきます。

 

5月病の原因は?

5月病の原因は、ゴールデンウィークでしょ!

と言いたくなるかもしれませんが、

実は日本の四季そのものに原因があります。

春(三月〜五月)は一年の中でもっとも自律神経が

疲れる季節だということをご存知でしたか?

春は長い冬が明けて、温度が上がったり下がったりする

「季節の変わり目」であり、

健康な方でも体調を壊しやすい時期になります。

そのため、脳(自律神経)が急激な変化に

追いついていない状態なのです。

 

5月病の症状とは?

5月病には精神的なものと、身体的なものが分類されます。

なんとなくボーっとしてしまう、というのは

多くの方が経験されていることでしょう。

しかし、症状が重い場合、あるいは身体的な症状

(不眠、食欲不振、めまい、動悸など)となると

医学的サポートが必要になります。

これらの症状が継続し、悪化すると”うつ”へと移行してしまうので、

自分は5月病かな?と思ったら早めの予防と対策が必要です。

Sponsored Link

5月病の予防と対策は?

先程もお伝えしたとおり、5月病は季節と自律神経が関係しています。

まず予防策としては、疲れた自律神経をきゅうそくさせてあげるために、

「質の良い食事をし、しっかり休むこと」。これにつきます。

 

また、もし自分が5月病かな、と思った場合には、

しっかり対策をとっていきましょう。

・普段よりも多く寝る

・お風呂にゆっくり浸かる

・軽いジョギングやウォーキングを朝行う

・アロマや音楽でヒーリング効果を高める

・自律神経を整える食事をする

 

身体的な症状(不眠、食欲不振、めまい、動悸など)が現れた場合は、

すぐに医師にそうだんするようにしましょう。

 

5月病対策の食事

0820b645551580f3c6471b114c0af800_s

上記にあげた対策法の中でも、食事による対策は非常に重要です。

ビタミン(C、E、B1)、カルシウム、カリウム、鉄分などを

含む食材を積極的に取り入れると良いでしょう。

5月病対策のレシピが載っているサイトをご紹介します。

味の素サイト

薬膳

バナナレシピ

 

5月病が一日でも早く良くなりますように・・・。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。