ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

ブヨに刺されたときの症状は?腫れや水ぶくれの対策。冷やすとダメ?

2016.07.18

ブヨに刺されたときの症状は?

ブヨ

キャンプ、虫取り、川遊びなど、楽しい夏のアウトドアイベントで嫌なヤツがいます。

そう、ブヨ(ブユ、ブトともいわれる)です。

ブヨに刺されるととにかく痒い!痛い!そして赤く腫れあがるのです。

今日はブヨに刺されたときの症状、腫れや水ぶくれの対策、冷やすとダメだという点について徹底的に調べてみました!

 

まず、ブヨは春~夏場にかけてレジャースポットに多くいると言われています。

特にくもりや小雨の湿気の多い日に活動的だそうです。実際筆者がブヨにやられた日も曇りのキャンプ場でした・・・。

特に芝生や草の多く生えた畑などの足元にうじゃうじゃ存在しています。

ですので、ブヨに刺される場所は膝下が多いです。

 

ブヨに刺された直後の症状は赤い出血点です。なんか赤いプツッとした出血があると気付いた時にはもう刺されています。

(正確に言うとブヨは刺すのではなく、人間の皮膚を噛みちぎっています。)

そして数時間後にはすごい痒みと赤い腫れ、ひどい場合には水ぶくれに悩まされ始めることとなります。

 

ブヨに刺された後の腫れや水ぶくれの対策は?

カビ

ブヨに刺されたあとは掻いたら絶対ダメです!掻くと刺された痕が肥大化し、最悪の場合痕が残ってしまいます。

ブヨに刺された後の腫れや水ぶくれの対策で一番効果的なものは”温かいお湯のシャワー(45~50℃)を患部にかける”です。

ブヨの毒たんぱく質を熱で変質させ、痒みを抑えることができます。

 

なお、ブヨに刺された場所が30か所以上もあり、腫れや水ぶくれがひどい場合は早急に病院を受診することをおすすめします。

ブヨの持つ毒性を多く取り入れてしまうと、命の危険にさらされることもあるそうなので、ブヨは本当に怖いのです。

 

ブヨに刺された後、冷やすとダメ?

Sponsored Link

ブヨに刺された後、冷やすと症状が良くなるのでしょうか。答えはNOです。

冷やすと一時的に痒みがひいたように感じますが、すぐに痒みが再発してしまいます。

刺されて痒いときは冷やしたくなりますが、”冷やすのではなく、温めて毒を消す”、これが大切になります。

筆者が試した中で一番効果的なものは薬でも冷やすことでもなく、熱いシャワーでした。

子供さんだと掻きむしってしまう可能性もあるので、数時間ごとに熱いシャワーを患部にかけてあげるといいかもしれません。

筆者はブヨ、なめてました。

しかしブヨはかなり手ごわいことを勉強しました。

皆さんのブヨ痕も良くなりますように・・・。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。