ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

ブロッコリーの栄養を逃がさない方法とは?レンジはNG!旬はいつ?

2016.11.07

ブロッコリーは栄養価が高い、捨てがちな茎も食べるのが体に良い、と雑誌やテレビでよく言われています。実際のところ、ブロッコリーにはどんな豊富な栄養素があるのか、栄養素を逃さない方法とは、レンジ調理は栄養素を破壊するのか、旬はいつなのか、健康マニアの筆者にはとっても気になったので徹底的に調べてみました!

Sponsored Link

ブロッコリーの栄養素が半端なくすごい!

まず、ブロッコリーには実に数多くの栄養素が含まれています。

ビタミンA、B、C、E全てにおいて他の野菜よりも多く含まれています。

特にビタミンCは豊富に含まれていて、ビタミンCがたっぷりと言われるみかんの約4倍ものビタミンCが含まれているんです!

さらに、ブロッコリーには、カリウム、鉄分、カルシウム、亜鉛、マグネシウムといった女性なら誰しも積極的に摂りたいミネラルが豊富に含まれています。申し分ない野菜なんですね。

Sponsored Link

ブロッコリーの栄養を逃さない方法とは?レンジはNG?

これだけ栄養価が高いブロッコリー。できるだけ栄養価が高い状態でブロッコリーを摂取したいですよね。

前項でお伝えしたように、ブロッコリーにはビタミンCが豊富に含まれています。しかしこのビタミンCというものはやっかいで、水溶性(つまり水に溶けやすい)である点と火に弱いという弱点があります。そのため、ブロッコリーを茹でるときは短時間しかもざるにあげた後は水気をよく切ることが大切になります。

また、ブロッコリーだけでなくすべての野菜に言えることですが、電子レンジは栄養素を破壊してしまうため、NGですよ。手軽で重宝されがちですが、栄養が無いブロッコリーをいただくのも悲しいですからレンジは避けたいですね。

ブロッコリーの栄養価を逃さない一番良い方法は「蒸す」ことです。蒸すのは茹でるのと違って水に触れることがほぼありませんし、栄養がぎゅっと凝縮されます。

ブロッコリー

ブロッコリーの旬はいつ?

毎日でも食べたいブロッコリー。ブロッコリーの旬はいつなのでしょうか。今は手軽に年中スーパーにおいてありますが、実はブロッコリーの旬は秋から冬にかけて。11月から3月頃まです。夏に出回っているブロッコリーはたいてい外国産です。外国産の場合、農薬+防腐剤+防カビ剤が塗布されている可能性が高いです。安全性のことを考えてもできるだけ旬の国産ブロッコリーを選びたいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。