ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

わろてんか松坂桃李(藤吉)のモデル吉本泰三は実話もダメ夫だった

2017.09.20

10月から後期朝ドラ「わろてんか」がスタートします。本作品は吉本興業の創設者である吉本せいを元に作られたドラマです。夫役である松坂桃李さんが演じる北村藤吉という男のモデルは「吉本泰三(吉兵衛)」。本当に存在した人物で、ドラマで描かれている以上にダメ夫だったということをご存知でしょうか。今日は吉本泰三に焦点を当てていきたいと思います。

Sponsored Link

「わろてんか」で松坂桃李が演じるのは北村藤吉!

「わろてんか」で松坂桃李さんが演じるのは”北村藤吉”という男性です。大阪の老舗米問屋「北村屋」の長男という設定で、当然長男が家業を引き継ぐものだと世間は思っています。しかし家業を継ぐのが嫌で仕方ない藤吉は、好きな”芸”に打ち込み、旅芸人一座にまぎれ込みます。しかし残念なのは笑いは好きでも芸の才能がない点。

てんと恋に落ち、てんを守るために一度は家業を継ぐことを決意するものの、やはり大好きな「芸」から離れることは出来ず、てんと一緒に笑いのビジネスを作っていくのです。

Sponsored Link

藤吉のモデル・吉本泰三(吉兵衛)という男はどんな人物?

北村藤吉のモデルである”吉本泰三(吉兵衛)”氏は大阪市東区内本町橋詰町にある老舗荒物問屋「箸吉」の次男として生まれました。荒物問屋というのはほうき、たわし、ざる、日用品が売ってある小売店のことですね。今はホームセンターや100円ショップなど大型日用品ショップが出てきたため、荒物問屋さんが激減していますが、昔は人々の生活には無くてはならないお店だったわけです。

吉本泰三(吉兵衛)は次男でしたが、長男が他界したため、幼いころから家業を継ぐように育てられました。泰三は働き者で評判も良く、「箸吉」の今後も安泰だと思われていました。しかし、この状況は長くは続きませんでした。

吉本泰三(吉兵衛))が妻となるせいと結婚する直前、泰三の父は再婚します。この再婚相手である継母と泰三との関係が上手くいかず、泰三は家にいることを嫌うようになり、家業を放りだして芸遊びをするようになったのです。

藤吉のモデル”吉本泰三”は本当にダメ夫だった!

泰三(吉兵衛)が芸遊びをするようになったのは、せいと結婚した時期ともかぶってしまいました。新婚当初から、泰三は地方を巡り、その旅に莫大な借金を抱えて帰ってきたと言います。あまりに膨れ上がった借金を前に、妻の吉本せい氏は「あんさん、そんなに芸が好きなら、ご自分で芸小屋を始めなはれ」と涙ながらに訴えたことがきっかけとなり、吉本興業が創設されました。わろてんかのモデルは吉本興業の創業者・吉本せい!山口組との関係は?

吉本興業はいわば、吉本泰三(吉兵衛)のダメ夫ぶりから始まったといっても過言ではありません。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。