ママになったら知りたいことが沢山ある!帝王切開・VBAC、赤ちゃんの健康、子どもの幼稚園や小学校の行事ごと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

和田唱の親子対談の内容とは?母・平野レミの子育て論が素敵すぎる

2016.05.27

和田唱の親子対談の内容とは?

平野レミと和田唱対談

上野樹里との結婚報道があったトライセラトップス・ギターボーカルの和田唱さん。

和田唱さんは音楽業界ではかなりの実力者。

プレーヤーとしても楽曲提供者としても

非常に高い評価を受けているアラフォー男性ですが、

ここに至るまで様々な苦悩や有名人を持つ子どもにしかわからない

悩みも多かったようです。

 

2013年6月8日の毎日新聞「親子インタビュー」で和田唱さんは、

母の平野レミさんと対談をしています。

実は2005年にも両者の対談を記者が試みましたが、

その時はまだ”時期”ではなったようなのです。

8年越しにやっと実現した二人の親子対談。

テーマは「嫌いなことはやることないよ」。

 

今日は過去にさかのぼって、和田唱さんと母・平野レミさんの

親子対談の内容について触れてみたいと思います。

平野レミさんの子育て論が素敵すぎるのでこちらもご紹介していきます。

 

母・平野レミの子育て論が素敵すぎる!

Sponsored Link

平野レミさんの子育て論として、

「嫌いなことはしなくていい、好きなことを伸ばせれば」というのがあるようです。

「ギターを買ってと言われたら買ってやって、

マイケル・ジャクソンのコンサートに行きたいと言われたら連れて行った。」とあります。

和田唱さんがやりたいと言ったことに対しては否定せず、協力したそうなんですね。

 子どもが興味のある分野はどんどん応援したい、そんな子育ては親としての鏡ですね。

 

しかしながら、一般人の筆者としては、

マイケル・ジャクソンのコンサートに連れていけるなんて、

金銭的にかなり恵まれている環境でないと、なかなかできる事ではありません。

裕福だからこそ応援できることかな~と思ったり。

 

これに対し、和田唱さんは有名人の両親を持つプレッシャーも大きかったそうで、

21歳でデビューするまで自分に自信がなかったと明かしています。

「親ではなく自分を見てほしい、歌を評価してほしい」

そういった有名人を持つ子どもならではの想いがあったようです。

 だから、デビューした後も自分の親が和田誠・平野レミであることは

周囲に明かさなかったそうですよ。

 

最終的には母と同じ分野の職業に就いたこと(平野レミはシャンソン歌手でもあった!)、

両親を喜ばせることを常に考えていることをインタビューで答えた和田唱さん。

素敵な親子関係を築かれているなぁと思いました。

これからは上野樹里と素敵な家族を築いていってほしいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。