ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

ふれなばおちん5話感想と6話あらすじ。長谷川京子が美人すぎ。

2016.07.27

ふれなばおちん5話感想!

長谷川京子

ふれなばおちん第5話はついに龍(成田凌)の芝居を夏(長谷川京子)が見に行くことになったことから始まります。

今日はふれなばおちん第5話感想、長谷川京子の涙の真相について、

第6話あらすじについてお伝えしていきたいと思います。

 

みどり(古畑星夏)とシゲ(裵ジョンミョン)のナイスアシストで芝居後夏と龍は2人きりになることができます。

「この時間をずっと待ってました」そう言う龍に対して、なんとかして2人の空間を作らないようにする夏。

「だめですか、こういうの?大丈夫ですよ、1杯ぐらい。今日は一緒にいませんか?帰したくない。」

ストレートに気持ちをぶつけてくる龍の誘いを断れず、夏は龍と飲みに行きます。

 

しかし、土壇場で思いとどまる夏は、龍を一人バーに残し、帰宅してしまいます。

その後2人は一切連絡も取り合わず、顔もあわせることがないまま2週間が過ぎました。

 

そんなとき、夏と龍の関係を怪しいと思い始めた夫(鶴見辰吾)はついに行動に出ます。

夏、龍、そして自分の3人で飲み会の場を設けるのです・・・!その内容は第6話に続きます!

 

ふれなばおちん長谷川京子は美人すぎる

長谷川京子の涙

今回第5話のみどころは夏(長谷川京子)の涙です。

龍の想いに応えなかった自分を悔やみ、お風呂場で涙を流すシーン。

龍への想いを思いとどまり、自分を見失わなかったことを正当化すると同時に、この恋を自分からストップさせたことを悔やんでならない様子。

完全に心は奪われています。夫の夜の誘いにも応えられず、はぐらかしてしまいます。

(夏の涙やはぐらかしが夫の不安を決定づけるのですが・・・)

女性として、もう一度恋をしたことへの罪悪感。と同時に諦められない気持ち。

そういった複雑な想いから涙がとまらなくなったのではないでしょうか。

 

長谷川京子はどれだけ薄化粧でも地味な服を着ても、元々が美人すぎるので

”普通の主婦”を演じるのはなかなか難しいかもしれません。

 

ふれなばおちん第6話あらすじ

Sponsored Link

夏、龍、そして夏の夫と3人での飲みの席。夏と龍の関係が怪しいと思い、真相を探る夏の夫。

しかし実は龍にはすでに好きな若い女性がおり、夏に対して気持ちはないと言います。

この日を境に夏は自分が失恋したかのように失望し、日常生活でも常にイライラしてしまいます。

龍の夏に対する想いはどうなってしまったの。そして失恋感に浸る夏はどうなってしまうのか、次回もお楽しみに!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。