ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

べっぴんさんのロケ地は神戸や大阪!ファミリアとはどんな会社?

2016.05.16

べっぴんさんのロケ地は神戸や大阪!

fuku

2016年後期朝ドラ「べっぴんさん」。

神戸を代表する子供服ブランド「ファミリア」の創業者の坂野惇子(ばんの あつこ)を

モデルとした半ノンフィクションドラマです。

時代は戦後、焼け野原になった神戸から奮闘する女性を描いています。

ファミリアの本社は神戸市中央区の一等地にあります。

撮影場所のロケ地には兵庫県神戸市や大阪が使われる予定だそうです。

神戸大好き筆者には嬉しすぎる情報で、いまから「べっぴんさん」が楽しみでなりません!

また、創業した会社が展開するにつれ、神戸だけでなく大阪へ進出する模様も描かれる予定です。

「べっぴんさん」のロケ地は、神戸・大阪がメインとして繰り広げられることでしょう。

 

べっぴんさんのファミリアとはどんな会社?

Sponsored Link

ベビー・子供服ブランド「ファミリア」関西人、特に神戸人にとっては偉大なるブランド。

ちょこっと可愛いうさぎやくまの刺繍が入っているだけで驚きの高値のブランドなのです!

ミキハウスやブチバトーとはちょっと格が違います。

そんなファミリアとはどんな会社なのでしょうか。

「ファミリア」の創業者のひとり坂野惇子氏は、すみれのモデルとなっています。

1948年12月に神戸で主婦4人でモトヤベビーショップとして開業しました。

そう、実はファミリアは主婦4人から始まった会社なのです。

順調に売り上げを伸ばした会社は、1950年に「ファミリア」を創業。

翌年には大阪阪急百貨店に直営店を開設するなど大阪を拠点に勢力を拡大していきました。

始めは刺繍にこだわった子供服として始まった小さな会社ですが、

現在では皇室御用達といわれるほど格をつけ、

他ブランドには真似できない”高級イメージ”を定着させました。

子供服・ベビー服以外にも、神戸の女子中高生には

ファミリアのカバンが今も昔も流行っており、神戸人には特に愛され続けているブランドなのです。

 

現在は従業員800人以上の企業に成長。

決して派手ではなく、着実に、成長をしていっている企業です。

近年では、東京の自由が丘で妊婦さん向けに企画された

「ファミリアベビーカヴィ」をオープンさせるなどし、

知名度を関西圏だけでなく関東圏にも広げていっています。

まだまだ中国人には知られていないようですが、今回べっぴんさんが放送されることで、

今後は中国人の爆買いの対象ブランドにもなることでしょう!!

今後の成長がますます楽しみな企業です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。