ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

安達祐実の家なき子は目薬でうそ泣き!その理由は?画像つき

2015.03.11

安達祐実、家なき子の演技はほぼ目薬だった!と暴露

10日放送のテレビ朝日「中居のミになる図書館」に出演した女優の安達祐実が、

子役時代の「家なき子」について衝撃の真実を明かしました!

 

安達祐実といえば、今ではスピードワゴンの井戸田潤との離婚や

その後の再婚などで話題が耐えない女優さんですが、子役時代はそれはもう大人気スター。

家なき子は当時の小中学生ほとんどが見ていたんじゃないかと思うぐらい、

大大大人気テレビドラマでした。

ドラマの中で安達祐実が毎度発する決まり文句

「同乗するなら金をくれ」というのは、当時の流行語大賞を取るぐらいでした。

 

そんな安達祐実の出世作ともいえる「家なき子」の泣く演技はほぼ全て目薬で、

うそ泣きだったことを暴露したのです。

 

安達祐実の家なき子の目薬うそ泣き画像

adachi

そんな安達祐実の子役時代のうそ泣き画像はこちら。

懐かしいなぁ、相沢すず。

いつも目薬を隠し持って、必要なときに使っていたそうです。

 

安達祐実が目薬を使ってまでうそ泣きをしたその理由は?

天才子役として当時高く評価されていた安達祐実。

今でいうところの芦田愛菜ちゃんみたいな存在だったわけですね。

それだけに、周りの期待も大きかったそうです。

監督から毎回ダメ出しをされても、泣く演技はどうしてもできなかったのだとか。

だから目薬を使ってたんですね。

話はそれますが、芦田愛菜ちゃんは目薬なんて使ったことないって

以前テレビで言っていたのを思い出しました。

小さい子供が涙を操れるなんて、それはそれで怖いですよね。

どんな大人になるのやら。。。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。