ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

フランケンシュタインの柳楽優弥が気の毒で切ない?演技の感想!

2017.05.14

日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」で主人公(二階堂ふみ)と怪物(綾野剛)と三角関係になる柳楽優弥さん。日本版現代のシザーハンズと言われる「フランケンシュタインの恋」は誰もが綾野剛さんを応援したくなるような人物設定となっていて、ネットでは「柳楽優弥が気の毒!」「柳楽優弥が切ない!」といったコメントがあるようです。実際のところ柳楽優弥さんのドラマでの役どころなどを詳しく見ていきます。柳楽優弥さんの演技の感想についてもお伝えしたいと思います。

Sponsored Link

「フランケンシュタインの恋」の柳楽優弥が気の毒で切ない?

「フランケンシュタインの恋」では病気がちであと何年生きることができるか分からない主人公・津軽継実(二階堂ふみ)と、不老不死の怪物・深志研(綾野剛)の甘くて切ないラブストーリーです。しかし、二人の恋に関わるのが稲庭聖哉(柳楽優弥)。稲庭聖哉は津軽のことが好きなのに、友人として受け入れた深志研に対して本当に優しいんです。お人よしなんです。だから憎めないし、稲庭聖哉も応援したくなる。

Sponsored Link

例えば深志研を自らの工務店で働かせてあげるよう工面したり、深志研が津軽のことを好きなことを知りながらも、「何か困っていることはない?」と友人として深志研に協力します。その優しさに嫌らしさがほとんどない。そんな風に演技できるのは柳楽優弥さんだからこそだと思います。稲庭聖哉を気の毒で切ないと感じてしまうのは、視聴者がきっと稲庭聖哉という人間を純粋に好きなんだと思います。

柳楽優弥フランケンシュタインの恋

「フランケンシュタインの恋」柳楽優弥の演技の感想!

柳楽優弥さんの演技は見ている人を魅了するというか、安心感を与えます。本来ならば二階堂ふみさんと綾野剛さんのラブストーリーで柳楽優弥がお邪魔者なはず。しかし柳楽優弥さんに限っては、恋敵であろうと応援したくなるような気持ちにさせてくれるのです。また、柳楽優弥さんを見ていると心が洗われるような優しい気持ちになります。これはきっと柳楽優弥さんの演技が自然で、優しさと嫉妬心の絶妙なバランスをうまく表現しているからではないかと思います。柳楽優弥さんを稲庭聖哉役に配役したのは大正解だったと言えるでしょう。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。