ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

わろてんかで高橋一生が演じる伊能栞のモデルは実在した小林一三!

2017.09.05

2017年10月スタートの朝ドラ「わろてんか」。なんと朝ドラに貴公子・高橋一生様が出演します!しかも高橋一生さんが演じる伊能栞は小林一三という実在した人物であることが分かっています。今日は高橋一生さんが演じる伊能栞の役どころ、小林一三という人物についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

「わろてんか」で高橋一生が演じる伊能栞とは?

「わろてんか」で高橋一生さんが演じる”伊能栞”という人物の役どころについてお伝えしていきます。舞台が大阪なのに対し、伊能栞は東京出身のビジネスマンです。大阪の伊能薬品という大手薬品会社の息子ですが、正妻のこどもではないために家業を継ぐ道から外されており、神戸で貿易会社を経営しています。主人公・藤岡てんの許婚として約束されていたものの、てんが別の男性を好きになってしまい、伊能栞はフラれる立場へ。こんなイケメン貴公子を捨て何を~!!!と思ってしまった高橋一生さんのファンの皆さん。ご安心ください。伊能栞はてんの恋愛をサポートしてやる懐の広い男なのです。高橋一生さんにピッタリの役柄だと思いませんか!?

藤岡てんが後に笑いを商売にする際に、彼女のビジネスをサポートし、日本の大阪という地に笑いのビジネスを根付かせていく重要な人物でもあります。是非高橋一生さんが演じる伊能栞という人物をお楽しみください。

「わろてんか」の伊能栞のモデルは実在した小林一三!

「わろてんか」で高橋一生さんが演じる伊能栞という人物は実在した小林一三氏という方だといわれています。小林一三氏は、宝塚少女歌劇団を創設した人物で、神戸でショービジネスを根付かせた男であることは言うまでもありません。しかしながら、実際には小林一三は主人公・藤岡てんのモデルとなっている”吉本せい”という女性と接点はなく、婚約の約束もありませんでした。この男女関係は朝ドラならではのフィクションであるみたいです。

Sponsored Link

小林一三という男の生涯

小林一三氏は山梨県出身で、三井銀行で働く銀行マンでした。その後証券会社で働いた後、箕面有馬電気鉄道(現在の阪急電車)の経営者となります。その実績が買われ、宝塚地域の発展のため”宝塚少女歌劇団”を設立し、エンターテイメントビジネスの火付け役となったと言われています。恐らく高橋一生さんを通じて、小林一三氏というビジネスマンを好きになる女性が増えること間違いありません!最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。