ママになったら知りたいことが沢山ある!妊娠・出産のこと、赤ちゃんのこと、子どもの幼稚園や学校のこと、その他”知っててよかった!”の情報を届けます。

仰げば尊し5話感想!樋熊先生(寺尾聡)の病気は何?6話あらすじ

2016.08.21

仰げば尊し5話感想!

仰げば尊し

 

リオオリンピックで1週あきましたが、8月21日は第5話が放送されました!

前回4話は合宿先で後輩井川(健太郎)のトラブルがみどころでしたね!

今日は「仰げば尊し」の5話感想と調子が悪い樋熊先生(寺尾聡)の病気は何なのか、次回6話あらすじについてお伝えしていきたいと思います。

 

仰げば尊し4話感想!井川役の健太郎がイケメン!5話あらすじ

 

井川の合宿先でのトラブルの1件から、教頭先生は吹奏楽部に対してまたしても懐疑的です。

コンクールを目前に10日間の練習謹慎処分を余儀なくされてしまいます。コンクールまで1か月を切り、焦る吹奏楽部のメンバーたち。

なんと海の家のオーナーに交渉し、青空教室!吹奏楽の練習をここですることになります。

 

樋熊先生は吹奏楽部の生徒たちに、誠意を見せるために校内でゴミ拾いをしようと提案。

不良グループのメンバーたちもブツブツ文句を言いながらも吹奏楽部の一員としてゴミ拾いをします。

教頭先生もついに心を許し、音楽室での練習を再び許可するのです。

 

そんな中、継母との関係に悩む有馬渚(石井杏奈)が失踪します。

有馬渚には最愛の親が離婚し、母親と離れ離れになったという辛い過去がありました。

そんな有馬渚を青島たちは「何でも感でもいい子になろうとすんなよ、無理すんなよ。」と励まします。

 

有馬渚は樋熊先生と一緒に実の母のもとへ出向き、コンクールに見に来てほしいとお願いします。

コンクールの順番は何と1番目のトップバッターに決定!美崎高校の演奏はどうなってしまうのでしょうか・・・!

 

樋熊先生(寺尾聡)の病気は何?

寺尾聡

ドラマでは樋熊先生(寺尾聡)がお腹をかかえる痛みを幾度もみせます。

レントゲンには腹部に黒い影。痛みを抑えながらも生徒たちの前では明るく振る舞い、病気のそぶりをみせません。

樋熊先生のモデルとなった中澤忠雄先生は実は胃がんでした。しかも進行性・転移性のもので手術をしても回復の余地はなかったのです。

ドラマ「仰げば尊し」でも樋熊先生の病名は膵臓がんの設定です。実話のようにかなり進行しているのです。

生徒たちにどこまで隠し通せるのか、樋熊先生の病気を知ったら生徒たちはどんな反応を見せるのか、今後注目です。

 

仰げば尊し6話あらすじ

Sponsored Link

「仰げば尊し」の6話あらすじについてお伝えしていきたいと思います。

6話のみどころは樋熊先生の病気と木藤良(真剣佑)の留学です。

美崎高校吹奏楽部の全国コンクールと木藤良のジャズ留学の入試日程がかぶってしまいます。

吹奏楽部のメンバーと一緒に全国大会を目指したい木藤良。しかし留学の夢も諦められない。

木藤良のとる選択とは!?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

関連記事

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人プロフィール



管理人のHYです。
アラサー主婦で毎日子育てと家事とネットビジネスに追われています。
ママのためになるような情報を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。